記事一覧

初心者必見!猫のケア、しつけに必要な猫用品の選び方と必要性

DSC_9548.jpg

前回の記事の初心者でも一から分かる猫の飼い方、準備する物、注意点とは、
で説明したものは、餌、水、トイレといった最低限必要な物をご紹介しました。
この記事では、猫さんにとっても飼い主さんにとっても、喜ばれる役立つ物、
あったら良い物を、必要性も交えてご紹介します。






猫用ブラシの必要性


餌、水、トイレ、の次に何があれば良いと聞かれると、
間違いなくブラシがオススメです。

猫は普段から自分自身でグルーミング(毛づくろい)をよくする奇麗好きな動物です。
『長毛種ではなく、うちの猫は短毛種だから、ブラッシングなんて必要ないのでは・・・』、
と思う方もいるかもしれませんが、このグルーミングをするときに、
猫は大量の毛を飲み込んでいるのです。
特に換毛期と呼ばれる春と秋は、毛が生え変わる時期なので、
抜け毛の量も豊作です。

グルーミングをする際に毛を飲み込むのですが、
飲み込んだ毛は毛玉として口から出したり、排便により体外へ排出します。
飲み込んだ毛が多ければ多いほど、ネコへの負担が高まり、
うまく体外へ排出できず、毛は消化器官に留まり続け、
吐くことも排便で出すこともできなくなります。
これを毛玉症と呼び、食欲不振に陥り、その後便秘になり、体重も著しく低下します。

症状が軽い場合は毛玉除去剤で体外へ排出できますが、
腸閉塞などになりかねない程のひどい症状なら、開腹手術をする事になり、
医療費も高額になります。
そうなれば猫さんにとっても飼い主さんにとっても、ストレスが重くのしかかりますので、
病気を予防する為にも、ブラッシングはしてあげた方が最良です。

普段撫でてあげるようにブラッシングをすることで、マッサージ効果も期待でき、
飼い猫とのスキンシップもその分増えます。
スキンシップの回数も増えると、毛玉症の病気の予防の他に、
猫の健康状態も把握できますので、
皮膚病の病気にも素早く気付くことができるのです。

猫用ブラシの選び方


猫用ブラシといっても、短毛種、長毛種、肌が敏感な子、体格が大きい子、
と個体差がありますので、猫用ブラシもそれに応じて選ぶ必要があります。
それぞれの猫用ブラシの特徴をご紹介します。

獣毛ブラシ(長毛・短毛):基本となるブラシで1本は置いておきたい。
全体の被毛の汚れ、抜け毛、ホコリを取り除くのに用いられます。
長毛種には毛先がギザギザで、整っていない硬めの猪毛製のハードタイプ、
短毛種には毛先が揃い整っている、柔らかめの豚毛製のソフトタイプを
選びましょう。
安価なナイロン製やプラスチック製もありますが、獣毛と比べると静電気の発生や、
切れ毛の原因となりますので、できればそれぞれの猫さんにあった獣毛タイプ
が無難です。

コーム(長毛・短毛):ムダ毛処理や毛玉をほぐし毛並みを整える。ノミ取りにも使用。
粗目と細めのタイプがありますが、両方使い分けることができるコームが便利です。
コームの種類を選ぶ際は、先端が丸いコームを選びましょう。
先端が尖っているコームを使用すると、猫の皮膚を傷つけやすくなる
可能性があります。

アンダーコートブラシ(短毛・長毛):主に換毛期に使用。
通常のブラシでは抜け毛しか取れませんが、このブラシを使用することで
トップコートはそのままに、アンダーコートの毛がビックリするくらい取れます。
調子に乗ってやり続けると、必要なアンダーコートまで毛を取り、トップコートまで
傷つき、皮膚が見える状態になるので注意して下さい。

ラバーブラシ・ミトンブラシ(短毛):トップコートの抜け毛取りに使用。
ゴムやシリコン製のブラシで、使用する事によりトップコートの抜け毛を、
たくさん吸着してくれます。柔らかいブラシなので、
ブラッシング中の猫の負担を軽減させると同時に、マッサージ効果も期待できます。
ラバーブラシもミトンブラシも用途は同じですが、猫の特性に合わせてお選びください。
撫でられる方が大人しくブラッシングさせてくれるなら、ミトンブラシが良いでしょう。

スリッカーブラシ・ピンブラシ(長毛):絡んだ毛をほぐすのに使用。
スリッカーブラシもピンブラシも用途は同じで、
長毛種の猫さんに毛玉がよくできるなら、スリッカーブラシがおススメです。
しかし、ピンブラシよりほぐす力は強いですが、ブラッシングする角度等により、
使い方を間違えると、毛が切れたり、猫さんの肌を傷つけるので注意しましょう。
傷つける心配がある方は、能力は劣りますが先端の丸い物を選びましょう。

最初にどれを選ぶのか迷う場合は、とりあえず獣毛ブラシとコームを揃えましょう。
短毛種も長毛種も基本的には、この2種類で大丈夫です。
最初から全部揃えてしまい、
『これは嫌がるので使わない』といった無駄遣いも防げますので、
後から猫さんの特性や飼い主さんの好みのブラシに変更しても遅くはないでしょう。

関連記事はコチラ↓
飼い猫のブラシの必要性と選び方!オススメの製品をご紹介!

爪とぎ用品の必要性と選び方


猫は本能的に爪とぎを必ずやり、壁、じゅうたん、家具など、
ありとあらゆる場所で爪とぎをします。放っておくと家をボロボロにされ、
賃貸なら預けている敷金は全て使い果たし、高額な請求をされる事になります。
できれば小さい子猫のときから、トイレと同様にしつけしておかないと、
成猫になってからでは中々覚えてはくれません。

爪とぎ用品にも色々種類があるので代表的な2種類をオススメします。
できれば柔らかさのあるダンボールタイプと、硬さのある麻縄タイプを用意しましょう。
ダンボールタイプは、下向きで爪とぎをする、じゅうたんやソファ等柔らかい物を想定し、
麻縄タイプは、立って爪とぎをする、壁や家具などの硬い物を想定しています。
2つの種類を用意することで、勝手に猫さんが使い分けてくれます。

私はキャットタワーを使い縦用の爪とぎ、横にダンボールだイプの横用の爪とぎを置いています。
実際に私の飼っている猫さん2匹は、そこでしか爪とぎはしません。

152400.jpg

ダンボールタイプの爪とぎを購入する時は、爪を研いだ後に出てくるカスが、
あちこちに飛ばない用に、専用のダンボールケースを、同時に購入すると便利です。

麻縄タイプの爪とぎは、立って爪とぎができるように、
ポールに麻縄が巻かれている高さのある物を選びましょう。

次に爪とぎを配置する場所ですが、ダンボールタイプなら猫がよく通る場所、
麻縄タイプなら猫が普段リラックスして過ごしている場所が最適です。

爪切り用品の必要性と選び方


屋内で爪とぎをしている猫でも、屋外の猫に比べると爪の消耗度合は少ないです。
あまり活動しない猫や老猫は、古い爪を剥がす機会が少なくなり、
爪が伸びすぎて肉球に刺さるようになり、
高い所から飛び降りた際に思わぬケガをする事になります。
時には伸びた爪のせいで、飼い主や他人にも傷つける可能性があり、
ひどい時には感染症を引き起こす人もいます。
事前に予防できるように爪切り用品の購入をご検討しましょう。

爪切り用品の代表的なものをご紹介します。

ハサミタイプ:主に子猫、若い猫用
普段人間が使い慣れているハサミと同じで、刃を交差させて猫の爪を切ります。
爪を刃に当てやすく、扱いやすく、安価に購入できますが、
成猫や老猫は爪が硬いので、このハサミで切ると均等に力が加わらず、
爪が割れてしまう恐れがあります。

ギロチンタイプ:猫全般に使える一般的なタイプ
丸い刃の切り口に猫の爪を入れて、グリップを握って切るタイプです。
切る時も均等に力が加わり、よほど大きい爪でない限り、
爪が割れることなく切れます。
ハサミタイプからギロチンタイプへ変えた場合、慣れないと扱いづらいです。

ニッパータイプ:扱いやすく切れ味抜群
ギロチンタイプでうまく爪切りできない方はニッパータイプがオススメです。
普段扱うニッパーと同じ造りで扱いやすく、切れ味も鋭いので、
大きな爪や巻き爪も奇麗に切ることができます。

関連記事はコチラ↓
猫の爪切り用品の選び方、でも爪切りって本当に必要なの?

キャットタワーの必要性と選び方


キャットタワーのメリットはストレス解消、運動不足解消、イタズラ防止に最適です。

猫の肥満の原因は、摂取カロリーに比例していない運動不足が原因です。
猫は長い時間を運動する事が苦手なため、運動する時間帯に横の運動に加え、
キャットタワーを置いて上下の運動も組み込むことにより、
カロリー消費にもつながり、基礎代謝もUPします。

高い所に上りたがる習性があるので、カーテンを爪で引っかけて登ったり、
家具の上に登ったりなど、イタズラ防止にもつながり、
高い所で休息や避難をすることで、猫さんのストレス解消にもなります。

スペースをとったり、価格も相応にしますが、メリットの方が大きいです。

キャットタワーを選ぶ際は猫さんの特性に合わせましょう。
大型の猫や、2匹以上猫がいるなら、土台の重いキャットタワーを選びましょう。
いくら土台の上が充実していても、土台が軽すぎると、
ジャンプした反動で壁を傷つけたり、倒れたりする恐れがありますので危険です。
飼い猫が老猫でも高い所は好きな子もいるので、
体への負担が少ない段差の低い物を選びましょう。

関連記事はコチラ↓
BIGサイズのキャットタワー!場所を取らず安定感抜群!

オモチャの必要性と選び方


オモチャで猫さんと遊ぶことにより、猫さんは運動不足とストレス解消になり、
飼い主さんは、そんな姿を見て癒されます。
こんな感じで獲物を狩りとるように躍動させ、運動不足とストレスを解消させると、

1521716490274_1.jpg

猫さんとのスキンシップにもつながり、深夜遅くの運動会も無くなります。

どんなオモチャが良いのか、猫さんの個体差にもよりますが、
最初は、猫じゃらしとボールがあれば十分かと思います。
気を付けるのは、猫じゃらしの紐状の一部を飲み込んだり、
ボールならあまり小さすぎると、誤って飲み込んでしまう恐れがあります。
購入する時はどんな素材なのか確認して、
一人遊びして危険なものは、しまっておくようにしましょう。

関連記事はコチラ↓
猫にオモチャが必要な理由!飼い主と飼い猫にはメリットだらけ!

猫のオモチャは個性に合わす!選び方とオススメの製品をご紹介

まとめ


この記事では、猫用ブラシ、爪とぎ、爪切り、キャットタワー、
おもちゃの必要性と選び方をご紹介しました。
どのペット用品も、必ず猫さんとの生活に役立つ物ばかりです。

また、猫を完全室内飼いをお考えの方には、脱走防止用品は欠かせません。
関連記事はコチラ↓
飼い猫のベランダ脱走防止用品!網戸で安心安全に空気の入替!

飼い猫の玄関脱走防止用品!待ち伏せて急に飛び出す飼い猫に!

ペット用品も日々進化しておりますので、便利なものが発売されれば、
このブログを通してご紹介させて頂けたらと思います。

猫のペット用品を揃え、家族の一員に迎えたら、ワクチンを接種しましょう。
関連記事はコチラ↓
猫のワクチンの必要性!摂取時期、費用、注意点とは

我が家の猫さんのご紹介はコチラ↓
新米猫ウメさん家族の一員に!その時先住猫ハナさんは?





関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

🐾ブログランキング🐾
にほんブログ村 猫ブログ 日本猫へ

ゆまうは

Author:ゆまうは
🐾宜しくお願いします🐾


before

after


名前:ハナさん
生年月日(2014年4月)
性格(人見知り、ビビり)
ツンデレ割合(ツン8割:デレ2割)
孤独を愛する甘え下手でクールなお嬢様

before

after

名前:ウメさん
生年月日(2016年3月)
性格(好奇心旺盛、警戒心ゼロ)
ツンデレ割合(ツン2割:デレ8割)
気になる事は徹底追及、甘ったれのお転婆

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -