記事一覧

猫を触る時に喜ぶ4大部位を解説♪警戒心の強い猫もメロメロ♪

386.jpg

人が猫に触るという事は、親猫が子猫を舐める行為と似ています。

それは単純に我が子が可愛いから、舐めているというだけではなく、
スキンシップをとる事で、子猫に安心感を与え、
皮膚や被毛についた汚れや菌を舐めとったり、代謝をよくして排泄を促したりと、
健康を維持する上で欠かせない重要な行為です。

しかし、子猫時代に早い段階で親猫と離されたり、
満足に親猫に構ってもらえなかったり、
可愛がって貰えたとしても、成長して野良生活が長かったりした場合は、
人に対しても慣れるまで時間がかかってしまいます。

ですが猫を飼うのであれば、こういったスキンシップは必要不可欠です。

そこで、警戒心の猫とのスキンシップの取り方、心をほぐすような触り方をご説明し、
猫が触られると喜ぶ代表的な4つの部位をご説明いたします。






警戒心の強い猫と接する前に


警戒心の強い猫とは自分から急いで絆を深めようとせずに、
まずは、触りたい気持ちを冷静に抑えて、
じっくり猫のペースに合わせて、時間をかけて接していく必要があります。

よく洗濯ネットに入れて抱いてみるという手法がありますが、
それはまだ先の事なので、所見でそれをやると絆を深めるどころか、
さらに驚いて溝を深める事になるので止めておいた方が無難です。

警戒心の強い猫は単に相手を嫌っているわけではなく、
相手を信用してもいいという確証が得られていないだけで、
情報が欲しいだけなのです。

人間界に例えても同じで、いきなり見ず知らずの相手に、

『友達になって下さい♪』

なんて言われれば、

『ハァ?』

と警戒されてもおかしくはありません。

同じ場所、同じ時間を共有して過ごす事で、
猫は相手の行動やしぐさをじっくり観察しており、
信用してもいいのかを見極めている最中なのです。


相手のペースを考えて合わせてあげ、
適度な距離を保ち、徐々に触れ合っていく回数を増やしていきましょう。

警戒心の強い猫の触り方


387.jpg

距離を置いて接していく内に、コチラが近づいても威嚇したり、
怯えて警戒する素振りなどがない時が、いよいよ触ってみる頃合いです。

噛まれたり引っかかれたりされる恐れがあるといっても
猫を洗濯ネットに入れて触るという方法もありますが、それはまだ早いです。

威嚇されないという自信があるのであれば素手でも構いませんし、
初めて触るのが怖い場合は、
相手に敬意を払うつもりでコチラが手袋や軍手で手を守りましょう。

①最初は触ろうとする指を、猫の顔に近づけ匂いを嗅がせる。

1530611719389_1.jpg

まずは自分を知ってもらうという行為でもあり、
また猫自身も相手の匂いを嗅いで知りたいという動物なので、
目の前の物に匂いを嗅ごうとする猫の習性を利用した方法です。

②背中部分を手を丸くして少ない面積で触る。

388.jpg

基本的に猫は頭や首やアゴの部分を撫でられると嬉しいのですが、
警戒心を持っている猫は逆なので気を付けましょう。

対面している猫同士のケンカを見ているとよく分かるのですが、
攻撃する時の猫パンチは相手の頭部周辺を狙っていますよね?

緊張して警戒している時の猫に、
いきなり頭を触ろうとすると、攻撃されると思われてしまうので注意しましょう。

また、いきなり大きな手の平で触ろうとすると、驚いて警戒してしまうので、
手を丸めて指の甲でソフトに触ります。

③手の平でソフトに触り、長時間触れないようにする。

389.jpg

手の甲で触っても問題なければ、手の平で大きく広げずに優しく触ります。

背中を触って大丈夫なら、徐々に上の方へ肩から首にかけて触っていき、
最終地点の頭を撫でる事に成功したら、一度時間を空けましょう。

触る時間は短めにして、一日に触る回数を多くして慣れさせていくと効果的です。

猫が触ると喜ぶ代表的な4つの部位


猫は自分で触れる事ができない部分を、触ってもらうのが大好きです。

中でも頭、アゴ、首から背中、シッポの付け根の部分は大好きで、
それぞれ違った気持ちよさがあります。



390.jpg

信頼している相手だからこそ触ってもらいたい部位です。

人が一番に触ろうとする部分でもあり、親猫がよく舐める部分でもあり、
私の飼い猫ウメさんがグルーミングを、ハナさんにしてあげている時は必ず頭を舐めます。

自分が触られて心地よい事を知っている分、相手にもしてあげたいと思うのでしょう。

触る時は額の部分から耳の裏にかけて、毛並みに沿ってソフトに触りましょう。

触った時に目を細めているなら喜んでいる証拠です。

アゴ

391.jpg

触られるとゴロゴロと喉を鳴らして喜ぶほど、触られると大好きな部位です。

指先を丸くして触ってあげたり、手の平でこするように触ってあげると、
ゴロゴロと喉を鳴らして喜んでくれます。

『ウヒョッ!もっとして~♪』
とおねだりしている場合は、自らアゴを差し出して要求しますが、

『チョットしつこいな💢』
と止めるように要求する場合は、手からアゴを背けるので素直にやめましょう。

首から背中

244.jpg

自分では触る事が出来ない、首の後ろから背中にかけて触ると喜びます。

特に膝に乗ってきた時に、背中を向けるように座った場合は、

『チョット背中撫でてくれる?』
という感じで甘えてくるので、思う存分撫でてあげましょう。
この時腕に首を置いて、くつろぎやすくしてあげると喜びます。

でも長時間撫でていてシッポをパタパタしている場合は、

『もういいから、そっとしといて』
という感じで不機嫌になっているので止めましょう。

とても理不尽だと思う行為ですが、このツンデレこそが猫の魅力のひとつです。

シッポの付け根

392.jpg

シッポの付け根の部分は性感帯であり、弱点でもある場所なので、
触られて激怒する猫もいますが、メスの場合は触られると好きな子が割と多いです。

シッポの付け根を触られて喜ぶかどうかは、
背中を触っている過程で、シッポの付け根の方へ触るとよく分かります。

嫌がっている場合は、
背中から少しずつシッポの付け根に近づくにつれ、
顔を振りむいて視線をお尻の方へ向けてくるのですが、
ある一定のポイントまで達すると、
怒りが沸点に達してシッポをパタパタする前に、豹変して噛みついてきます。

喜んでいる場合は、
背中から少しずつシッポの付け根に近づき、
ある一定のポイントまで達すると、
シッポがピンと持ち上がったり、お尻を持ち上げて喜びます。

性感帯を刺激しているので、間違ってもメスの発情期にはしないようにしましょう。

まとめ


信頼を勝ち取って、猫が触られるのに慣れてきたら、
応用としてマッサージを取り入れると効果的です。

関連記事はコチラ↓
飼い主が猫にマッサージをして得られる3つのメリットとは?

猫マッサージの5つの基本的なやり方!施術前の注意点を解説!

また、ブラッシングや爪切りにも徐々に慣れさせていきましょう。

特にこの二つは猫の健康維持、しつけの面でも欠かせない事です。

関連記事はコチラ↓
飼い猫のブラシの必要性と選び方!オススメの製品をご紹介!

猫の爪切り用品の必要性と選び方!使いやすさで選ぼう!





関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆまうは

Author:ゆまうは
🐾宜しくお願いします🐾

思い出を記録に残す為にハチワレ猫ハナさん、三毛猫ウメさんの日常や、猫に関する役立つ情報を発信していきます。毎年のように犬・猫の殺処分が後を絶ちませんが、ひとつの命でも多く救えるように、猫の魅力、知識、情報をお伝えできればと思います。

before

after

名前:ハナさん
生年月日(2014年4月)
性格(人見知り、ビビり)
ツンデレ割合(ツン8割:デレ2割)
甘え下手でクールなお嬢様

before

after

名前:ウメさん
生年月日(2016年3月)
性格(好奇心旺盛、警戒心ゼロ)
ツンデレ割合(ツン2割:デレ8割)
甘ったれのお転婆姫

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサードリンク