記事一覧

猫の発情期、去勢と避妊手術の必要性!手術時期、費用、注意点

9541ca83d00472c31d06c5e415d47f34_m.jpg

猫を飼い始めると、当然のように始まるのが猫の発情期です。
『外出させずに屋内で1頭飼いなのに、避妊や去勢なんて手術しなくても・・・』
と思う方もいるかと思いますが、確かにデメリットはあります。
しかし、デメリットを補って余りあるくらいのメリットは当然あります。

去勢手術、避妊手術をすることでのメリット、デメリットを説明するとともに、
手術の必要性、注意点や手術における費用も合わせてご説明します。






オス猫とメス猫の発情時期


オス猫の発情期は、メス猫の発情により誘発されるので、
特定の発情期の時期というのはありません。
交配できる時期が生後5~6か月頃から、
成熟し本格的に活動するのが生後9か月頃からです。

メス猫の発情期は、生後4~6か月頃から始まり、
オス猫より1~2か月早いのが特徴です。
メス猫の繁殖期は主に、2~4月、6~8月の春と夏です。
この繁殖期は屋外猫のことで、なおかつ暗い場所でのことです。
日照時間に大きく関係していて、商店街など比較的明るい場所では、
繁殖期も長くなります。
屋内飼いの猫でも夜に照明で常に明るく、環境の良い状態で過ごしている猫は、
繁殖期にバラつきがあり冬でも発情する猫はいます。


オス猫とメス猫の発情期中の特徴


0fffd2d4e0f3de9df683341e7cd1307a_m.jpg

オス猫の発情期中の特徴:大きい声で鳴く、スプレー行動をする、
外へ出たがる、攻撃的になる


発情期中のメス猫の声に応えるように、『アオーーン』と連続で鳴き続けます。
その為、屋内飼いの猫なら落ち着きが無くなり、
メスの所へ行こうと外へ出たがります。
発情することで、興奮状態になり飼い主や、他のオス猫に対して攻撃的になったり、
そして一番飼い主が困るのが、縄張りを主張する為にあらゆる所にオシッコを飛ばす、
スプレー行為によりマーキングをします。
この発情期中のオシッコは通常のより、かなり強烈な匂いが特徴です。

DSC_0217.jpg

メス猫の発情期中の特徴:大きい声で鳴く、外へ出たがる、アソコを頻繁に舐める、
粗相をする、お尻を突き出す、頭や体をよくこすりつける、寝返りが増え悶える


発情期中のメス猫は、オス猫より特徴があり分かりやすいです。
オス猫を誘うように大きい声で『アオーン』と連続で鳴き続け、外へ出たがります。
鳴き声以外では、日向ぼっこをする感じでゴロンゴロンと寝返りの回数が増え、
切なく悲しい感じで弱く鳴き、アソコを頻繁に舐めるようになります。
また、自分の頭と体を、物や人へよくこすりつけるようになり、
相手に向かって下半身を持ち上げて、お尻を突き出すようになります。
そして粗相もするようになり、オス猫と同様、発情期中のオシッコは匂いが強烈です。

関連記事はコチラ↓
猫がなぜ突然粗相をするのか?治らない原因とその対策とは

手術をする上でのメリット・デメリット


オス猫のメリット:マーキング防止、ストレスが無くなる、病気の予防、大人しくなる

オス猫は睾丸を全摘出する去勢手術をすることにより、
オス猫特有の生殖器の病気の発生率が低くなります。
手術をすることで、マーキング行為もしなくなり、ストレスも無くなり、
攻撃性も緩和するので、大人しくなる傾向があります。

メス猫のメリット:ストレスが無くなる、病気の予防、望まない妊娠を防げる

メス猫は子宮と卵巣を全摘出する避妊手術をすることにより、
メス猫特有の生殖器の病気の発生率が低くなります。
手術をすることで、発情期によるメス特有の行動や、ストレスも無くなり、
外に出てしまった場合の妊娠も防げます。
その望まない妊娠によって、生まれてくる子猫たちの方が可哀そうですよね。

オス猫・メス猫のデメリット:手術のリスクがある、肥満傾向になる、後に繁殖できない

オス猫の去勢手術にも、メス猫の避妊手術にも、手術によるリスクがあり、
局部麻酔をしても大人しくしないので、全身麻酔をかけることになります。
事前に術前検査をして、手術する猫が麻酔に耐えられるかどうか確認はしますが、
稀に、麻酔により後遺症や副作用が残り、最悪の場合は亡くなることもあります。

その他、手術をすることにより、発情期特有の生殖活動が無くなり、
ストレスから解放されますが、その分、肥満傾向になりやすくなります。
また、あとでこの猫の子孫を残したいと思っても、術後に元に戻すことはできません。

ですが、手術後による肥満は、飼い主で健康管理をしてやれば問題ありませんし、
繁殖に関しても事前に将来の事をよく考えてあげればいいだけのことです。

手術を受けさせる時期


初めて発情期を迎える生後6か月前後が手術を受けさせる目安です。
それでも、オス猫もメス猫も手術を受けさせるなら早ければ早いほど良いです。

オス猫なら、発情期後に去勢手術をしても、
発情期特有のクセが治らない猫もいますが、発情期前に去勢手術をすることで、
発情期時のクセを覚えさせることなく抑えることができます。

メス猫なら、早ければ早いほど、乳腺腫瘍の病気のリスクが低くなり、
メス猫特有の発情期のクセにお互い悩まされることも無くなります。

しかし、発情期を迎える猫には個体差があるので、早熟な子も多いです。
一度、生後5か月を迎えたら、病院へ行くのがオススメです。

それでも早く発情期を迎えてしまったら、医師へ相談しましょう。
体重が2kg以上あり、検査をして麻酔に耐えられそうか判断してくれます。

手術する前の注意点


手術の前日は、全身麻酔をかけるため絶食です。
絶食しておかないと、手術中に吐いてしまった場合、吐いた吐物が気管を塞いで、
窒息する場合がありますので、ご飯は絶食時間前に食べさせたら、
出しておかないようにしましょう。
絶食させる時間は、手術する時間により、時間が違ってきますので、
病院へ事前に確認しましょう。

手術にかかる費用


公益社団法人日本獣医師会の、
平成27年度(2015年)診療料金実態調査及び飼育者意識調査結果によると、
手術費用+全身麻酔の料金の中央値は下記の通りです。

オス猫の手術料金:去勢手術12,652円+全身麻酔10,020円=合計22,672円
メス猫の手術料金:避妊手術20,986円+全身麻酔10,020円=合計31,006円 


上記の料金の他にも、下記の料金もオプションとして費用が発生します。

・診察料(初診料・再診料)
・検査料
・鎮痛剤・抗生剤
・入院費用(主にメス猫)病院によっては日帰りもあり
・エリザベスカラー(もし傷口を気にする猫なら必要)
・抜糸費用(主にメス猫)

病院によって、去勢手術・避妊手術の内容に、上記のオプションが含まれています。
総額費用がいくらなのかは、病院によって違いますのでしっかり確認しましょう。

多くの地域の地方自治体には、犬猫の去勢手術・避妊手術に対する、
補助金制度を設けています。
補助金の金額は地域の地方自治体により変動し、対象条件も異なります。
しかし、補助金制度の対象者でも、その地方自治体の補助金の今年の予算が、
限度額に達した場合は終了となり、補助金は受け取れません。

まとめ


猫の発情期は、飼い主にとっても猫さんにとっても大きなイベントです。
猫を家族の一員に迎えたら、早めに去勢・避妊手術をどうするか考えましょう。

自然の状態の動物を、人間の都合で生殖機能を奪うことは、確かに勝手です。
ですが、人間の都合で去勢・避妊手術をせず、飼うだけ飼って、
捨て猫にしてしまう方が、大きな間違いです。

毎年、保健所による犬や猫の殺処分が、何万頭という数で行われています。
交配する予定が無いのであれば、責任をもって必ず去勢・避妊手術をして、
少しでも不幸な猫さん達がいなくなるように、できる事をしてあげましょう。

我が家の飼い猫のご紹介はコチラ↓
新米猫ウメさん家族の一員に!その時先住猫ハナさんは?





関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆまうは

Author:ゆまうは
🐾宜しくお願いします🐾

思い出を記録に残す為にハチワレ猫ハナさん、三毛猫ウメさんの日常や、猫に関する役立つ情報を発信していきます。毎年のように犬・猫の殺処分が後を絶ちませんが、ひとつの命でも多く救えるように、猫の魅力、知識、情報をお伝えできればと思います。

before

after

名前:ハナさん
生年月日(2014年4月)
性格(人見知り、ビビり)
ツンデレ割合(ツン8割:デレ2割)
甘え下手でクールなお嬢様

before

after

名前:ウメさん
生年月日(2016年3月)
性格(好奇心旺盛、警戒心ゼロ)
ツンデレ割合(ツン2割:デレ8割)
甘ったれのお転婆姫

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサードリンク