記事一覧

【図解】猫の肩こりに効果的なマッサージ!筋肉の緊張をほぐす!

487.jpg

猫は我慢強いので肩がこっても、それを飼い主に訴える事はありませんが、
肩の周辺をさすると、気持ちよさそうな顔をして大人しくなります。

寒さで筋肉が緊張して硬くなり、肩こりになったり、
年齢を重ねて筋力が低下しているシニア猫が肩をこりやすいのですが、
そもそも、4足歩行をするのも肩こりの大きな原因で、
猫は人間とは違い腕と胴体は筋肉で繋がっており、
肩の筋肉への負担も人間よりかかっていると考えられています。

そこで、初心者でも出来る、
猫の肩こりのマッサージを、順序に沿ってご紹介しますが、
症状別のマッサージをいきなり実践する前に、
基本的な知識やテクニックを、あらかじめ身に着けておく事をオススメします。

関連記事はコチラ↓
【図解】猫に効果的なマッサージの種類!得られる3つのメリット!

【図解】猫マッサージの5つの基本テクニック!実践前の注意点!

ピンポイントで肩こりのマッサージを実践する前に、
まずは基本的なリンパマッサージをして、
猫の体内に溜まった老廃物と毒素の排出を促しましょう。


西洋医学におけるリンパをマッサージに取り入れる事で、
症状の改善だけでなく、むくみ、疲労回復、ストレス解消、
肩のこりや首のこりの解消も緩和させる事ができ、
猫本来の自然治癒力を上げ免疫力を高める効果があります。

関連記事はコチラ↓
【図解】猫の4大リンパマッサージの方法!基本知識を得て実践!






肩回りをストローク


477.jpg

肩甲骨に沿ってストロークする事で、
肩まわりの緊張をほぐしリラックスさせる効果があります。

肩から背中に向けてストローク
両手の5本の指を使ってブラシに見立てて、
猫の身体と毛に沿って左右の肩甲骨から、背中の方へ向けてストロークを行います。

両手でストロークしてもいいですし、片手でストロークをしながら、
空いているもう片方の手で、軽く頭や首や脇腹に手を添えて、
猫を安心させるようにマッサージをするのもオススメの手法です。

最初は、軽くゆっくりと遅くし、徐々に少しずつ力を強くして早く動かし、
約10回程度の回数をストロークします。

首のマッサージ


478.jpg

肩こりと同時に起こりやすい、首のこりもマッサージをすればより効果的です。

首の関節部を揉む
片方の親指と人差し指と中指の3本の指を使って、
頸椎と胸椎を繋いでいる項靱帯と呼ばれる、
関節部の筋肉を左右から挟み込むようにして、首の上から下にかけて優しく揉みます。

項靱帯を揉む際は頭が下がらないように、
アゴをもう片方の手で支えながら揉むようにしますが、
同時にアゴをさすってあげると気持ちよさそうにします。

最初は、軽くゆっくりと遅くし、
猫の様子を伺いながら徐々に少しずつ力を強くして早く動かし、
約15回程度の回数を揉むようにします。

背中のピックアップ&ツイスト


479.jpg

猫には、お尻からはじまり背中の中央を通り、
ハナの先辺りで終わる督脈(とくみゃく)という経路が通っており、陽経を統括しています。

猫の背中の皮膚には、この督脈が通っており、たくさんのツボが分布しているので、
ピックアップ&ツイストをする事で、肩こりだけでなく、身体全体の緊張をほぐし、
足腰の強化や免疫力をアップさせる事で皮膚病にも効果的です。

背中のピックアップ
両手の5本の指を使い、
猫の背骨に並行して背中の皮膚をゆっくりと引っ張り上げます。

それを約10回行いますが、無理に引っ張って猫が嫌がらないように注意しましょう。

背中のツイスト

490.jpg

次に背中をピックアップした状態で、
手を交差させるように背中の皮膚をツイストします。

ツイストをする事でさらに、マッサージの効果を高める事が出来ますが、
マッサージ中は猫の様子を観察して、痛みを感じない程度で行いましょう。

肩のマッサージ


473.jpg

肩井(けんせい):左右の肩甲骨前縁のくぼみ

前脚が上げづらかったり、肩関節の痛みの緩和に効果的です。

左右の肩甲骨前縁のくぼみにある肩井を指圧
人差し指と中指と薬指の3本の指で、肩より少し内側にある、
肩甲骨前縁のくぼみにある肩井を指圧します。

猫の背後に回って後ろから両手で肩井を約10回指圧しますが、
猫が嫌がる場合は、片方の手でアゴをさすりながら、
もう片方の手で肩井を、左右に約10回指圧するようなやり方でも構いません。

肩を回す
肩井の指圧をしたら、次は手首を持って前に引っ張り、円を描くように肩を回します。

片方の手で体を支えて、もう片方の手で手首を持ち上げ肩を回すようにし、
それを左右約10回程度行います。

搶風のツボを指圧


474.jpg

搶風(そうふう):左右の肩関節外側のくぼみ

前脚が上げづらかったり、肩関節の痛みの緩和に利くツボで、
便秘の猫にも効果があります。

左右の肩関節外側のくぼみの搶風を指圧
上腕骨と肩甲骨で構成されているのが肩関節で、
その肩関節の外側のくぼみの搶風を、親指を使って指圧します。

肩井を指圧する時と同様、
猫の背後に回って後ろから両手で搶風を約10回指圧しますが、
猫が嫌がる場合は、片方の手でアゴをさすりながら、
もう片方の手で肩井を、左右に約10回指圧するようなやり方でも構いません。

もし寝転がってくつろいでいる場合は、片方の手で肩を支えて、
もう片方の手の親指で指圧しましょう。

曲池のツボを指圧


491.jpg

肘関節(ひじかんせつ)
曲池(きょくち):左右の肘関節外側のくぼみ

肩こり、目の疲れ、肘関節の痛みに効果的で、
肘周りのツボを刺激する事で、血行を促し肩の緊張もほぐれやすくなります。

左右の肘関節外側のくぼみの曲池を指圧
肘関節を曲げた時の前側と後側を線で結んだ、2分の1程度の位置が曲池で、
その肘関節の外側のくぼみの搶風を、親指を使って指圧します。

人間の肘関節にも同じように曲池のツボがあり、
肘を曲げた時に出るシワの外側のくぼみが曲池のツボなので、
押してみると分かりやすいです。

片方の手で前足を持って、もう片方の手の平を肘関節の下に入れて、
親指を使って曲池を約10回指圧します。

まとめ


マッサージの中でも猫の皮膚を引っ張ったり、捻じったりするマッサージは、
猫のマッサージの中でもオススメです。

猫の皮膚にはたくさんの経絡やツボが多くあり、
皮膚を引っ張れる場所は背中だけではなく、
頬、脇、あご、ひざ、首、脚の付け根、お腹なども引っ張る事が出来るので、
症状に合わせてマッサージを行うとより効果的です。





関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆまうは

Author:ゆまうは
🐾宜しくお願いします🐾

思い出を記録に残す為にハチワレ猫ハナさん、三毛猫ウメさんの日常や、猫に関する役立つ情報を発信していきます。毎年のように犬・猫の殺処分が後を絶ちませんが、ひとつの命でも多く救えるように、猫の魅力、知識、情報をお伝えできればと思います。

before

after

名前:ハナさん
生年月日(2014年4月)
性格(人見知り、ビビり)
ツンデレ割合(ツン8割:デレ2割)
甘え下手でクールなお嬢様

before

after

名前:ウメさん
生年月日(2016年3月)
性格(好奇心旺盛、警戒心ゼロ)
ツンデレ割合(ツン2割:デレ8割)
甘ったれのお転婆姫

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサードリンク