記事一覧

猫のワクチンの必要性!初めての摂取時期、費用、注意点とは

f6b1bd3287b29dd.jpg

猫を家族の一員に迎えたら、万が一に備えワクチンの接種をしましょう。
『室内飼いだし、外には出さないから必要ないのでは?』
と思う方もいるかもしれませんが、ウイルスや細菌などによる感染症になる場合があります。
そのワクチンの必要性、接種時期、費用などを、注意点も含めご紹介します。






ワクチンの接種の必要性


まずはワクチンが、猫にどんな影響を与えるのかご説明します。

ワクチンを接種することで、ウイルスや細菌などの病原菌によって引き起こされる、
感染症の重症化を予防します。

もっと詳しく言うと、猫の体内に微弱のウイルスや細菌を摂取させることで、
血液中にその病原菌の抗体を作らせ、免疫機能を高めた後、
次にその病原菌が体内に侵入してきた時には、
その病原菌が増えるのを抑え、毒性を弱めるということです。

『じゃあ、病気になってから治療をすればいいのでは?』と思うかもしれませんが、
猫がその感染症にかかってしまうと、現在では有効な治療法が無く、
肉体的、精神的な苦痛を和らげる緩和処置しか手段がありません。

感染症に治療法はないので、予防接種でないと防げませんということです。

代表的な感染症と感染経路


『でも私の猫は室内飼いで外にも出さないし、感染することがないので大丈夫』と、
思われる方もいるかもしれませんが、実は感染経路はたくさん存在します。
その室内飼いの猫に多い代表的な感染症、主な感染経路は下記のとおりです。

猫汎白血球減少症(子猫の場合は、感受性が高く重症化しやすい)
症状:発熱、元気消失、脱水、嘔吐、下痢、血便などを示し、白血球の減少もある

カリシウイルス感染症(猫のかかる代表的な呼吸器感染症の一つ)
症状:発熱、くしゃみ、鼻水、よだれ、食欲不振、舌や口に潰瘍、口内炎、肺炎

猫ウイルス性鼻気管炎(カリシウイルス感染症に並ぶ、呼吸器病の重要な疾病)
症状:発熱、元気消失、食欲不振、くしゃみ、鼻水、目やに、流涎、呼吸困難、角膜炎

感染症の主な感染経路は下記のとおりです。

・感染している猫と家族・飼い猫が直接接触する
・感染している猫が接触した服や物体に、家族・飼い猫が直接・間接的に接触する
・感染している猫に直接・間接的に接触した人が、家族・飼い猫に接触する
・近くに感染している猫の便や唾液が乾燥して、窓から入ってくる空気感染

ほんの一部の例えですが、室内飼いで外部との接触を、飼い猫が避けていても、
家族が感染している猫や物体や人に、知らず知らずの内に直接・間接的に、
住まいに持ち込み、飼い猫が感染してしまう場合もあります。

ワクチン接種の注意点


DSC_0115.jpg

ワクチン接種にはメリットがありますが、逆にデメリットもあるのが現状です。
そのデメリットとは副作用です。
現在では、事前の検査で副作用は予測できず、
この副作用が全くないワクチンというのは存在しません。
たとえ微弱とはいえ病原菌を体内に入れますので、一時的に軽い副作用は出ます。

では、ワクチンを接種した時に、副作用でどんな症状がでるのかご説明します。

遅効性アレルギー反応(ワクチン接種から24時間以内に発症)
元気消失、発熱、貧血、嘔吐、下痢、食欲不振、よだれ、震え、呼吸困難、
顔のむくみ、じんましん、部位の痒み、等の感染症の軽い症状も見受けられます。

即効性アレルギー反応(ワクチン接種から60分以内)
症状:痙攣、貧血、血圧低下、体温低下、震え、呼吸困難

副作用の中で一番心配なのが、即効性のアレルギー(アナフィラキシー)反応です。
ニュースで見かける、人がハチに刺され、突然ショック症状が起こるのと同じ反応です。
人間同様、この反応が出たら、すぐに適切な処置をしてもらわないと命に関わります。

では、その副作用が発症する確率は、一体どれくらいか気になりますよね。
日本獣医師学会関係情報の資料によりますと、

2012年度、猫のワクチン接種後の急性副反応に関する調査
・対象期間:2008年4月から2012年7月まで
・対象病院数:83病院
・ワクチン接収数:10620摂取
・副作用数:133摂取
・副作用発生率:1.25%
・副作用の内訳:元気消失、食欲不振117、発熱66、アナフィラキシー1

副作用の恐ろしさばかり目立ちますが、ほとんどの場合は、接種当日や翌日の間は、
元気がなかったり、食欲がなかったり、一過性の軽い症状の場合が多いです。
私の猫さん2匹も接種当日は、さすがに疲れた表情をしてましたが、次の日には
元通りです。

ワクチン接種後は、猫の様子を見て、おかしい症状が出ていないか頻繁に確認しましょう。
もし、症状が長い、症状が悪化した場合は、すぐに病院で医師に診てもらいましょう。

ワクチンの種類と予防できる感染症


・3種混合:猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症
・4種混合:3種混合+猫白血病ウイルス感染症
・5種混合:4種混合+猫クラミジア感染症
・7種混合:5種混合+猫カリシウイルス感染症(3種とは別の2タイプ)
・単独ワクチン:猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)

室内飼いの場合は3種混合ワクチンの接種が、最も推奨されています。
基本的に猫は、感染症の問題だけでなく交通事故等の危険もある為、
室内飼いを私はオススメしておりますが、
どうしても外出させる猫がいるなら、4種混合、5種混合、7種混合を推奨します。

また、単独ワクチンの猫免疫不全ウイルス感染症に関しましては、
病院でも意見が分かれますので、もし接種させたい場合は医師に相談しましょう。

ワクチン接種の費用


病院によってワクチン接種にかかる費用はバラバラです。
公益社団法人日本獣医師会の、平成27年度の調査資料と、
ランダムで選んだ10か所の、病院のワクチン接種料金の、
大まかな平均値を私なりに出してみました。

・3種混合ワクチン:4,000円前後
・4種混合ワクチン:5,000円前後
・5種混合ワクチン:6,000円前後
・7種混合ワクチン:7000円前後
・猫エイズワクチン:4000円前後

こんな感じですが、平均値ですのでこの金額より、安い、高い病院は当然あります。

ワクチンの接種の時期


成猫が初めてワクチンを受ける場合は、
健康状態が良ければいつでも接種が可能です。
初回の接種から1か月後に2回目の追加接種をすることで、
より確実な免疫を作れるので、忘れず行きましょう。

子猫の場合は生後2~3か月くらいに、親からの免疫が無くなるので、
丁度この時期に最初のワクチンを接種します。
成猫と同様、初回の接種から1か月後に、2回目の追加接種をしましょう。

生まれてから親猫から乳を飲んでいない、もしくは分からない場合は、
抗体ができておらず免疫が無いので、病原菌の感染の恐れがあります。
その場合は、子猫の健康状態を医師に診てもらい、
生後1か月くらいから早めのワクチンの接種が可能か相談しましょう。
この場合のケースでワクチンを接種した場合は、初回接種の1回、
1か月後に1回、2か月後に1回、合計3回のワクチンを接種しましょう。

その年に推奨されている回数のワクチンを接種したら、
来年から年1回ずつのワクチンを接種させることが推奨されています。

まとめ


アメリカではワクチンの接種は3年に1回というのが浸透していますが、
日本でも病院によっては、3年に1回を推奨している動物病院もあります。

『毎年1回ワクチンを接種した方が、飼い主にとっても猫にとっても安心だ』
という人もいれば、
『病院に連れていく猫の負担や、副作用を考えると3年に1回でいい』
という人もいます。

ワクチンの接種は強制ではありませんが、
猫の健康のことを考えると、最低でも3年に1回のワクチンの接種はしましょう。

関連記事はコチラ→猫の発情期、去勢と避妊手術の必要性!手術時期、費用、注意点

我が家の飼い猫のご紹介はコチラ↓
新米猫ウメさん家族の一員に!その時先住猫ハナさんは?





関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

🐾ブログランキング🐾
にほんブログ村 猫ブログ 日本猫へ

ゆまうは

Author:ゆまうは
🐾宜しくお願いします🐾

思い出を記録に残す為にハチワレ猫ハナさん、三毛猫ウメさんの日常や、猫に関する役立つ情報を発信していきます。毎年のように犬・猫の殺処分が後を絶ちませんが、ひとつの命でも多く救えるように、猫の魅力、知識、情報をお伝えできればと思います。

before

after

名前:ハナさん
生年月日(2014年4月)
性格(人見知り、ビビり)
ツンデレ割合(ツン8割:デレ2割)
甘え下手でクールなお嬢様

before

after

名前:ウメさん
生年月日(2016年3月)
性格(好奇心旺盛、警戒心ゼロ)
ツンデレ割合(ツン2割:デレ8割)
甘ったれのお転婆姫

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -