記事一覧

【図解】虚弱体質な猫に効果的なマッサージ!腎に精気を蓄える!

557.jpg

生まれつき免疫力が高いと、重い病気に悩まされず成長する猫もいれば、
病気がちな虚弱体質な猫がいます。

虚弱体質の特徴としては、胃腸が弱い、食が細い、体力がなく疲れやすい、
腹痛、下痢、冷え性、夏バテなどの症状が多くみられ、割と神経質な猫に多くいます。

東洋医学の観点からいうと、
五臓(肝・心・脾・肺・腎)のひとつで、生命エネルギーの源である『腎』は、
機能が衰える事により、体力や気力が減退していると考えられています。

腎に精気が貯蔵されていれば心身ともに充実して、
その機能も十分に発揮する事が出来ますが、
虚弱体質の猫のように生まれつき腎機能が衰えている猫は、
精気を蓄える力が弱く、全身に老廃物が溜まりやすく栄養を巡らせる事が出来ません。

このような状態が続くと、ストレスを溜め込みやすい身体になり、
免疫力が弱まり、あらゆる病気にかかりやすくなります。

それほど腎には全身の健康に関わる様々な働きをもたらしおり、
腎が身体の健康をコントロールする役割を担っているといっても過言ではありません。

したがって、虚弱体質な猫ほど、
腎に精気を定期的に補充し、免疫力を高める必要があるという事です。


そこで、初心者でも出来る、
猫の虚弱体質に効果的なマッサージを、順序に沿ってご紹介しますが、
症状別のマッサージをいきなり実践する前に、
基本的な知識やテクニックを、あらかじめ身に着けておく事をオススメします。

関連記事はコチラ↓
【図解】猫に効果的なマッサージの種類!得られる3つのメリット!

【図解】猫マッサージの5つの基本テクニック!実践前の注意点!

ピンポイントで虚弱体質に効果的なマッサージを実践する前に、
まずは基本的なリンパマッサージをして、
猫の体内に溜まった老廃物と毒素の排出を促しましょう。


この記事でご紹介するのは東洋医学におけるツボの症状別マッサージですが、
西洋医学におけるリンパマッサージに取り入れる事で、
症状の改善だけでなく、むくみ、疲労回復、ストレス解消、
こりの解消も緩和させる事ができ、
猫本来の自然治癒力を上げ免疫力を高める効果があります。

関連記事はコチラ↓
【図解】猫の4大リンパマッサージの方法!基本知識を得て実践!






下腹部から首にかけてマッサージ


563.jpg

任脈(にんみゃく):奇経八脈のひとつ
お尻から始まり→お腹中央→胸中央→喉中央→唇の下

任脈とは十二経脈と強調し合う奇形八脈の主要な経絡のひとつであり、
任脈が流れるお腹や胸にあるツボは、腎を整え精気を取り戻す作用があり、
嘔吐、下痢、腹痛、腹部膨満、生殖器系疾患、消化器系疾患、泌尿器系疾患、
などに有効などにも有効なツボが分布しています。

下腹部からお腹にかけてマッサージ
片方の手で体を支え、もう片方の手の指を揃えて、
任脈の流れに沿うように、下腹部からお腹にかけてさすっていきます。

デリケートな部分なので優しくゆっくりとさするようにし、
それを約10回ほど行ってください。

お腹を触られるのを嫌う猫は、
筋肉が緊張して硬くなりマッサージの効果を弱めるので、
そういう場合は無理やりマッサージを施すのではなく、
リラックスしている状態になるまで気長に待ちましょう。

お腹から首にかけてマッサージ
片方の手で前両足を持つように体を支え、もう片方の手の指を揃えて、
任脈の流れに沿うように、お腹から首にかけてさすっていきます。

①と同じくデリケートな部分なので優しくゆっくりとさするようにし、
それを約10回ほど行ってください。

後ろ脚内側のマッサージ


550.jpg

後肢太陰脾経(こうしたいいんひけい):十二経脈のひとつ
後ろ足内側から始まり→内踝→膝内側→内太股→腹部外側→胸

後肢少陰腎経(こうししょういんじんけい):十二経脈のひとつ
大きい肉球から始まり→内足根→内踝1周→膝尾内側→内太股尾側→腹部内側→胸

後肢厥陰肝経(こうしけついんかんけい):十二経脈のひとつ
後ろ足外側から始まり→膝内側→内太股→生殖器付近→腹部外側→胸

後肢三陰経:後肢太陰脾経後肢少陰腎経後肢厥陰肝経

後肢三陰経という3つの経絡が、後ろ脚から同じ向きで流れているので、
同時にマッサージを行う事で、効率的に経絡の流れの滞りを無くす事ができます。

後肢太陰脾経は脾の運化を調え血の活性を図るツボが分布、
後肢少陰腎経は腎気を補充し熱や湿を取り去るツボが分布、
後肢厥陰肝経は肝気を正常に巡らせ機能を回復させるツボが分布しています。

それぞれの経絡に上記の作用があり、
腹痛、便秘、下痢、腹部膨満、眩暈、貧血、夏バテ、腰痛、
後肢関節炎、泌尿器系疾患、生殖器系疾患、アトピー性皮膚炎など、
効果的なツボが多数分布しています。

後ろ足から太股の付け根にかけてストローク
片方の手で後ろ足を支えて、もう片方の手で後ろ足の頭側と尾側を掴むように持ち、
後ろ脚から太股の付け根にかけてストロークさせていきます。

それを左脚と右脚の両方を約10回ほどマッサージを行いますが、
筋肉が緊張して身体が硬くなっている場合や、寝かせて触られるのを嫌がる猫には、
片方の手を両脇の下に入れ支えるように立たせ、
もう片方の手で後ろ足から太股の付け根にかけてストロークするやり方がオススメです。

腎兪のツボを指圧


538.jpg

腰椎(ようつい)
腎兪(じんゆ):第2腰椎左右外側

腎兪のツボを指圧する事で、気を補充し腎の働きを高める作用があり、
腰痛、肝臓疾患、腎臓疾患、膀胱疾患、泌尿器系疾患、
などに効果的で、背中や腰の動きを良くし丈夫に保ちます。

第2腰椎左右外側の腎兪のツボを指圧
腰椎を触ると突起部分がありますが、
その突起部分を上から数えて2番目の腰椎が第2腰椎で、
第2腰椎横突起末端の高さで、背部正中線から約1.5寸外側にあります。

分かりにくいという方は、最後尾の肋骨を上に辿っていき、
最初の突起部分の第1腰椎を触って把握し、
そこから2番目の第2腰椎を探してください。

両手の親指を使い、第2腰椎左右外側の腎兪のツボに向けて約10回指圧を行います。

労宮のツボを指圧


564.jpg

労宮(ろうきゅう):前足肉球の付け根

心をスッキリさせ精神を安定させる作用があり、溜まったストレスを取り除く効果があり、
口内炎、口臭、嘔吐、腕の関節炎などにも効果があります。

前足肉球の付け根を指圧
前足の一番大きな肉球の付け根に労宮のツボがあります。

前足を握るように持ち、親指を使って前足の肉球の付け根を押さえ、
指側に向けるように約10回ほど指圧を行い、
もう片方の前足も同じようにマッサージを行います。

まとめ


虚弱体質な猫ほどマッサージは有効な手段ですが、
治療ではなく、心身ともに癒しを与え、免疫力を強化し、
自然治癒力を高める事が目的ですので、
根本的な問題が解決されない限り、マッサージの本来の効果は発揮されません。

まずは猫の体質に合わせた食事や環境を一度見直し、
それと並行してマッサージを行う事が大切です。

特に品種改良によって小型化、短足化、胴長化された猫は、
他の品種と比べても年齢とともに足腰が弱りやすいので、
子猫のうちから四肢に踏ん張りの利かない、滑りやすいフローリングではなく、
マットやカーペットを敷いて、負担を軽減できるような環境作りが大事です。

食事に関しては、私は安いキャットフードには否定的ではなく、
メリットやデメリットも十分理解した上で、
むしろ安いキャットフードは無くては困るという飼い主ですが、
何でもかんでも高いキャットフードさえ与えとけば問題ない、
という安易な考え方が好きではありません。

しかしそんな私でも、生まれつき食が細く、満足に食事をする事が出来ない猫には、
高価なプレミアムキャットフードのような、
少量でも栄養価の高い食事を与える事は必要かと思います。

関連記事はコチラ↓
猫に安いキャットフードは危険?何故?決めつける前に確認した?





関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆまうは

Author:ゆまうは
🐾宜しくお願いします🐾

思い出を記録に残す為にハチワレ猫ハナさん、三毛猫ウメさんの日常や、猫に関する役立つ情報を発信していきます。毎年のように犬・猫の殺処分が後を絶ちませんが、ひとつの命でも多く救えるように、猫の魅力、知識、情報をお伝えできればと思います。

before

after

名前:ハナさん
生年月日(2014年4月)
性格(人見知り、ビビり)
ツンデレ割合(ツン8割:デレ2割)
甘え下手でクールなお嬢様

before

after

名前:ウメさん
生年月日(2016年3月)
性格(好奇心旺盛、警戒心ゼロ)
ツンデレ割合(ツン2割:デレ8割)
甘ったれのお転婆姫

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサードリンク