記事一覧

猫トイレにオススメの猫砂!コスパ抜群のシリカゲルを2つ試す!

1536195017672_1.jpg

昔は自然の砂の感じに近い鉱物性の猫砂が一般的でしたが、
現在は紙、おから、木材、シリカゲルと種類も豊富になりました。

これらの種類の中でもシリカゲル系の猫砂は、
飼い猫のトイレ掃除の手間を大幅に軽減させる事に特化しています。

そもそも、シリカゲルとは二酸化ケイ素を主成分とした乾燥剤であり、
優れた防湿効果、強力な乾燥剤として、
食品や薬品などを保管する際に幅広く使用されています。

そんなシリカゲルの特性を生かした猫砂とはどのようなものなのか?

シリカゲル系の猫砂のメリット・デメリットをご説明し、
コスパに優れた2つの製品を試していますので参考にしてみて下さい。

シリカゲルだけでなく、他の猫砂の特徴も知りたい方はコチラをどうぞ↓

猫トイレの猫砂の選び方!維持費、手間、素材の優しさから選ぶ!

猫のトイレ本体から選びたいという方はコチラをどうぞ↓

猫のトイレ本体の選び方!維持費、手間、飼い猫の個性から選ぶ!






シリカゲル製の猫砂のメリット


抜群の消臭力
紙、木材、おから、鉱物系と比べて、
シリカゲル系の猫砂の消臭力は抜群の効果を発揮し、
シリカゲル特有のミクロの穴が悪臭となる成分を強力に吸収します。

飼い猫がシリカゲルの猫砂と相性が悪い場合は、
この消臭力だけを活かす使い方として、
メインの猫砂と混ぜてサブで使用するという方法もあります。

抜群の乾燥力
乾燥剤として利用されているシリカゲルですから、
防湿性・乾燥力にかけては他の猫砂と比べても圧倒的な効果を発揮します。

出来立ての糞ですら数分後には臭いの元を絶つと同時に、
糞をカピカピに乾燥させる事ができ、下痢気味の糞ですらカチカチにしてしまいます。

抜群の吸収力
他の猫砂に比べてシリカゲル系の猫砂は固まらず、崩れる事もなく、
吸収する事に特化しています。

シリカゲルは消臭成分を吸収させるだけではなく、
水分を吸収する事ができ、猫砂の色が黄色く変色するまでは、
吸収も消臭も継続して効果を発揮してくれます。


掃除の手間を大幅に軽減
尿が固まるタイプの猫砂は毎日取り除く必要があり、
尿をかけて崩れるタイプの猫砂は、減った分だけ猫砂を補充する必要があります。

しかし、シリカゲル系の猫砂は尿を吸収するので、
毎日の掃除は糞を取り除くだけであり、猫砂を補充するといった作業もありません。

恐らくシリカゲル系の猫砂で一番のメリットを挙げるとするなら、
この掃除の手間が大幅に軽減させる事が出来るところです。

さらに電動トイレとシリカゲル系の猫砂の組み合わせであれば、
それ以上に掃除の手間を軽減させる事が出来るので、
毎日仕事で忙しい方や、飼い猫に長時間お留守番をしてもらう方には、
オススメの組み合わせであり、掃除の手間が省けた時間の分だけ、
飼い猫とスキンシップを取る事だって出来ます。

シリカゲル製の猫砂のデメリット


糞や猫砂の処理方法
シリカゲル系の猫砂はトイレに流せないし、燃えるゴミで出せないので、
不燃ごみとして処理をする必要があります。

乾燥した糞を取るだけとはいえ、
多少なりとも糞の周りにはシリカゲルが吸着している事があるので、
しっかり落として燃えるゴミに出すか、トイレに流すようにしなければなりません。

粉塵が気になる
粉塵は数日使用していれば多少軽減されますが、
新しくシリカゲル系の猫砂を入れ替えた場合は、
粉塵が舞いやすく、豪快に猫砂をカキカキする猫は吸引して咳き込む恐れがあります。

それは猫だけに限らず、気管支の弱い方はマスクなどをして注意しなければなりません。

誤飲・飛び散りが気になる
シリカゲルは誤飲しても毒性は低いですが、
誤飲した場合でも口の中や食道に長時間吸着していた場合は、
炎症を起こす恐れがあり何でも口にする飼い猫には要注意です。

飛び散りに関しては、
クラッシュタイプのシリカゲル系の猫砂のメリットは、
猫が砂掻きしやすく好みやすいというのが挙げられますが、
デメリットは猫砂があちこちに飛び散りやすく足で踏むと痛いという特徴があります。

大粒タイプのシリカゲル系の猫砂のメリットは、
飛び散りにくく掃除しやすいというメリットが挙げられますが、
デメリットとして猫が砂掻きしにくいという特徴があります。

個人的にはシリカゲル系の猫砂を選ぶなら、
猫が好みやすい粒子の細かいタイプがオススメであり、
大粒タイプでも問題なく使用してくれるのであれば、
シリカゲル系の猫砂ではなく、
システムトイレと木材系の猫砂の組み合わせの方が、
手間も掛からず、安全な素材であり、消臭力もシリカゲルには負けてはいません。


585.jpg

関連記事はコチラ↓

システムトイレでおすすめの猫砂!トイレに流してOK!コスパ抜群

健康管理しにくい
シリカゲル系の猫砂で一番のデメリットとして挙げられるのが、
飼い猫の尿から推測できる病気に気付きにくい事が挙げられます。

シリカゲル系の猫砂は尿を吸収するので、
飼い猫の尿の濃さ、臭い、回数、量を把握する事が出来ないので、
泌尿器系疾患などの病気を早期に発見しづらいというデメリットがあります。

飼い猫が水を大量に飲むようになったり、
血尿で猫砂が薄いピンク色になっている場合などは要注意です。

シリカゲルの効力を最大限に活かす方法


586.jpg

湿気がこもらない場所に設置する
シリカゲル系の猫砂の防湿・乾燥力を最大限活かす為、
風通しの良い湿気がこもらない場所に設置しましょう。

湿気が多いと余分な水分を吸収してしまうため、
シリカゲル本来の効力を発揮する事が出来ずに劣化を早めてしまい、
結果的に猫砂の交換時期を早めてしまいます。

消臭シートを下に敷く
製品によって違いはありますが、
シリカゲル系の猫砂の交換時期は、2週間から4週間の製品が多くみられます。

しかしトイレの設置環境、飼い猫の飼育数、
個体差によっては尿の回数や量も違いますので、
1週間もしないうちにシリカゲルが変色し、
吸収力も消臭力も低下してしまう事があります。

そんな時に活躍してくれるのが、システムトイレ用の消臭シートであり、
シリカゲル系の猫砂の下に消臭シートを敷く事で、
シリカゲルが尿を吸収する前に消臭シートが尿を吸収するので、
結果的にシリカゲルの吸収力の劣化を遅らせる事が出来ます。


本体に厚手の袋をセットする
本体に厚手の袋をセットする事で、
効力を活かすという面においてもそうですが、
大幅に掃除の手間を省く事が出来ます。


例を挙げてみると、
飼い猫が尿をする場所が一箇所に集中している場合は、
消臭シートにも一箇所に集中している為、
そのまま袋ごと逆向きにセッティングし直せば、
簡単にかつ効率的に全体を使用させる事が出来ます。

猫砂を新しく交換する場合でも、
そのまま袋を取り出し不燃ごみに出す事が出来ますし、
トイレ本体を洗う場合でも汚れや臭いを取り除きやすいというメリットがあります。

2つのコスパに優れたシリカゲル系の猫砂


584.jpg

ネット通販でシリカゲル系の粒子の細かいクラッシュタイプの猫砂の、
価格を比較して購入する場合に候補で挙がってくるのがコチラの製品です。

アイリスオーヤマ 消臭砂シリカゲルサンド 5L×4袋
ジョイペット シリカサンドクラッシュ 4.6L×6個




今回私はこの2つの製品を試してみました。

試してみた結果を先にお伝えするなら、
消臭力、吸収力、共に両方ともあまり変わらないという結果でした。


それならアイリスオーヤマの方が安くて良いのではという結論になりますが、
価格だけを見ると確かにアイリスオーヤマの製品に軍配が上がりますが、
どちらが丁寧に製造しているかというとジョイペットに軍配が上がります。

ジョイペットのシリカゲルの粒は全体的に細かく砕かれているのに対し、
アイリスオーヤマの粒は細かいのもありますが、
粒の大きさにムラがありながら全体的に大きい粒の方が多いです。

クラッシュする回数が少ない分、アイリスオーヤマの製品の方が安いということですね。

しかし、先に結果を述べましたように製品の効果については、
両方とも違いはあまり感じられなかったので、
アイリスオーヤマの製品を飼い猫が問題なく使用してくれるなら、
価格が安い方で決まりでしょう。


私の飼い猫のトイレ環境


ちなみに管理人の現在の猫トイレの環境はこんな感じです。

7333.jpg

・トイレ本体:デオトイレのドーム型タイプのシステムトイレ
・尿吸収シート:デオトイレ専用 消臭・抗菌シート
・猫砂:木材系の猫砂 ナチュラル100
・消臭シート:nekozuki 猫蔵専用 消臭ファブリックカバー
・消臭シート本体:メタルラック組み立て品
・ペット特化タイプの脱臭機:富士通ゼネラル HDS-302G PLAZION プラズィオン

とにかく消臭に特化させており、排泄物の臭いどころかペットの臭いもしません。

気になる記事があればどうぞ!

関連記事はコチラ↓
システムトイレでおすすめの猫砂!トイレに流してOK!コスパ抜群

飼い猫のトイレの臭いが気になる方へ!オシャレな消臭カバー!

空気清浄機or脱臭機の違いと選び方!維持費、目的で選ぶ!

ペット用脱臭機で臭いをスピード消臭!猫の毛や花粉もキャッチ!

トイレを追加したきっかけ

そして今回新たに追加したトイレがコチラです。

1536194926219_1.jpg

・トイレ本体:アイリスオーヤマ 上から猫トイレ ホワイト PUNT-530
・尿吸収シート:デオトイレ専用 消臭・抗菌シート
・猫砂:ジョイペット シリカサンドクラッシュ

新たにトイレを追加したのはウチのシッコ猫のウメさんが原因なのです。

子猫から使用してきたトイレでしたが下記の理由から、
どうも最近様子がオカシイと思ったので新しいトイレを追加すると、
もうシリカゲルの猫砂のトイレでしかしなくなりました。

①1日の尿の回数が少なく、1回の尿の量が多い事から我慢して膀胱に尿を溜めている。
②用を足しトイレから出てくる時に、猫砂を掻かずにトイレから出る。
③布団や座布団を掻く仕草を頻繁に見る事があり、トイレに連れて行くとシッコをする。
④トイレをしたい時にコチラに訴えかけるように顔を見て鳴く。

などの理由により、何かのきっかけでトイレを嫌がるようになったので、
猫砂を豪快に掻けるように粒子の細かいシリカゲルの猫砂に替えてやると、
ウメさんは猫砂を掻ける喜びを味わったのかトイレが終わるたびに、

『オマエ、1回のトイレで何回カキカキしてんだよ』

とツッコミを入れてしまいたくなるほどハマってます。

一方、ハナさんはシリカゲルのトイレは合わないみたいで一切入ろうとしませんし、
入れてやってもビックリしてすぐに出てきます。

まぁお互いのトイレとして認識してくれた方が、
コチラとしては健康管理しやすいので助かっているわけですが。

まとめ


どのタイプの猫砂にもメリットとデメリットは存在するので、
まずはそれぞれの猫砂の特徴を理解し、
飼い主と飼い猫の両方の目線から選びましょう。

関連記事はこちら↓
猫トイレの猫砂の選び方!維持費、手間、素材の優しさから選ぶ!

ちなみに妻はシリカゲルが体質に合わないらしく、
粉塵で喉をやられてしまったので、
シリカゲルのトイレの掃除は私が担当になりましたとさ・・・。





関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆまうは

Author:ゆまうは
🐾宜しくお願いします🐾

思い出を記録に残す為にハチワレ猫ハナさん、三毛猫ウメさんの日常や、猫に関する役立つ情報を発信していきます。毎年のように犬・猫の殺処分が後を絶ちませんが、ひとつの命でも多く救えるように、猫の魅力、知識、情報をお伝えできればと思います。

before

after

名前:ハナさん
生年月日(2014年4月)
性格(人見知り、ビビり)
ツンデレ割合(ツン8割:デレ2割)
甘え下手でクールなお嬢様

before

after

名前:ウメさん
生年月日(2016年3月)
性格(好奇心旺盛、警戒心ゼロ)
ツンデレ割合(ツン2割:デレ8割)
甘ったれのお転婆姫

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサードリンク