記事一覧

猫の耳、猫の感情を読み取る!体のしぐさ、行動から分かる猫の気持ち

DSC_0199.jpg

猫の耳の動きや、尻尾の動き、顔の表情などのしぐさや、飼い猫の行動から、
どういう気持ちなのか読み取ったり、ある程度予測をする事ができます。

飼い猫の気持ちを少しでも理解してあげることで、
もっと距離を縮めることができ、生活がきっと楽しくなります。






猫の耳から分かる気持ち


猫の耳はとても優れており、人間では検知できない周波数も猫にとっては、
聞き取ることができます。
猫がネズミの天敵だと言われる理由は、
ネズミが発する高音の超音波でさえも、聞き取ることができるからです。

そんな猫の耳から分かる、耳の動きに応じた気持ちを見てみましょう。

・耳を立て左右別々に、しきりにあちこちへ動かす
何か気配を感じ取り、音の出所を探しています。寝ていたのに急に頭を持ち上げ、
耳をピクピクしだすのは、警戒心を持ちソワソワしています。
不安を取り除いてあげる為、一緒に探してあげましょう。

・耳を音の聞こえる方へ前面に出す
その音の聞こえる方へ興味津々のようす。ご飯の用意をしているときなど。
家に帰ってきたときに、すでに玄関でお出迎えしている場合は、
この耳からいち速く情報をキャッチして迎えに行っています。

・耳を左右横に寝かしている
居心地の良いところで、ぐっすり眠っていてリラックスしている状態です。
また、頭を撫でてあげたり、顎を優しくさすってやると、
気持ち良い感じになり、この耳になります。

・耳をピンと立て、後ろに反らす
恐怖、威嚇、イライラしているときです。
恐怖の場合は身を隠すようにして耳を頭につけるように後ろに反らし、
ケンカのにらみ合いの時は耳をピンと立て、後ろに若干反らします。
構って欲しくないとき、イライラしているときも耳を後ろに若干反らします。

・耳が微動だに動かない
これが一番何を考えているのか分かりません。一言でいうなら『無』です。
消去法でいくと、何も考えてなくボーっと暇してたり、
そしてそのまま何もする事が無ければ、ウトウトし始めます。

猫の尻尾から分かる気持ち


猫の感情を読み取るのに、一番特徴があるのは尻尾です。
犬がうれしいときに尻尾をパタパタ振るのは有名ですが、
猫にも様々な感情で尻尾の動きに違いがあります。
では、どういう感情で、どういう特徴が出るのか見ていきましょう。

・尻尾をピンと立てている
甘えたいとき、何かを要求するときに見られます。遊んで欲しい時や、
撫でて欲しい時は、このサインを出して近寄ってきます。ご飯の近く、トイレの近く、
で擦り寄ってくるときは、それぞれご飯の要求、トイレの掃除を要求しています。

・尻尾をピンと立て、小刻みに震わしている
喜びを最大限に感じており、幸福度MAXの極みです。
尻尾をピンと立てて近づき、大好物のおやつが出たときに振るわせたりします。
家族が1日外出して、帰ってきたときにうれしくて、このサインを出すこともあります。

・尻尾をダランと下げる
叱られたとき、寂しいとき、元気が無いときに見られます。
夜中の運動会をして叱られたとき、オモチャで遊ぶのを止めさせられたときに、
見せることがあり、このサインを頻繁に見かけるなら体調が悪いことがあるので注意。

・尻尾を速く、左右に大きく叩きつけるようにブンブン振る
イライラして不機嫌な時に見られます。犬とは真逆なので注意しましょう。
抱っこしたときに、このサインが出た場合は『降ろして』、必要以上に撫でた場合は、
『もう止めて』ということなので、続けての連続行為は止めましょう。

・尻尾をゆっくり左右に振り、一定の間隔で止まって振る
リラックスして、ご機嫌が良いときです。ご飯を食べて、日向ぼっこして、
リラックスしている様な状態で見られます。ボーっとしながら『何しようかな~』とか、
『今日のおやつ何かな~』とか考え事をしてるかもしれません。

・尻尾を大きく膨らます
驚いたり、威嚇するときに見られます。大きい音にビックリしたりときには、
一時的に膨れます。威嚇のときは、防御態勢の時は尻尾を持ち上げ体を大きく見せ、
今にも飛びかかりそうな攻撃態勢に入る時は、少し尻尾を下げます。

・尻尾を体に巻きつけ密着させたり、足の間に入れる
恐怖しているとき、相手に服従しているときに見られます。
掃除機をかけるときなどに、離れて身を小さくしてこのサインを出したりします。
自分は敵ではない、降参します。と相手にアピールしています。

猫の表情から分かる気持ち


猫も人間と同じように、表情も豊かな動物です。
我々、人間に見られる喜怒哀楽に照らし合わせて、
『喜び』、『楽しみ』、『怒り』、『悲しみ』、『恐怖』といった感情を、
猫がどういう表情で、どういう特徴を表に出すのか見てみましょう。

・喜び:うっとりして目を細め、満足げな表情
この状態で撫でてあげたり、顎を優しくさすってあげると、ゴロゴロ喉を鳴らして、
さらにうっとりするはずです。
飼い猫と目と目が合い、この表情になるなら、完全にあなたに気を許しています。

・楽しみ:目を大きくパッチリと開け、ヒゲもピンと伸ばしている
興味のある方へ向き、このサインを出します。
ご飯の用意をしているのか?、今日のご飯は何だ?と興味を示しています。
オモチャで遊んでいるときは、さらに目の瞳孔が開き集中力を高めます。

・怒り:興奮して目の瞳孔は開き、にらみつける
全身の毛を逆立たせ、耳をピンと立て、アゴを引いて相手を、
鬼の形相でにらみつけることから、デビルフェイスとも呼ばれています。
この状態の猫と目と目が合い、双方とも目を背けない場合は、襲ってくる事もあります。

・悲しみ:特徴が多すぎて判別不可能
人間は悲しむ事で涙を流しますが、猫には悲しむという表情をしません。
恐怖や怒りによって悲しむ事はありますが、表情は恐怖と怒りです。
テレビなどで悲しそうに見える猫は、普通の感情でも悲しそうな表情をしています。

・恐怖:怯えて瞳孔が開き、ヒゲも顔にピッタリつける
敵対相手が近くにいる場合は、小さく身を縮めて戦意が無い事をアピールし、
それでも敵がいる場合は背を向けます。敵対相手が遠くにいる場合は、
小さく身を縮めて目は半開きで、いつでも動けるように緊張状態です。

ハナさんウメさんで検証


妻が掃除機をかける前に、キャットタワーで寝ていたハナさんに、
少し近づけたところを、私が撮影した物です。
ビックリさせてゴメンナサイ。
この後、お詫びとして大好物のオヤツでご機嫌とりました。

122672575109_1.jpg

・耳:頭に付けるように後ろに反らす
・尻尾:体に巻きつけるように密着させている
・表情:怯えて瞳孔が開き、ヒゲも顔にピッタリつける

上記の耳と尻尾の動き、顔の表情からは恐怖の気持ちが表れています。
ハナさんも相手から完全に背を向け、体を小さくしていることから完全に怯えています。
ハナさんご協力ありがとうございました。

では、続いてウメさんで検証します。
いつもいつも、ハナさんにちょっかい出して怒られているので、
お返しにウメさんを怒らせてみます。
ちなみに、猫の顔の前に手をかざすと、好戦的な猫はかなりの確率で怒ります。

152266365712_1.jpg

・耳:ピンと耳を立て後ろに若干反らす
・尻尾:尻尾を速く、左右に大きく叩きつけるようにブンブン振る
・表情:興奮して目の瞳孔は開き、にらみつける

上記の耳と尻尾の動き、顔の表情からは怒りの気持ちが表れています。
ウメさんも威嚇するまでは無かったですが、ヒゲも相手に向けてピンと立て、
尻尾をブンブン振っていたので、イライラしてるのは分かります。

でも、これをしつこくすると、

152266364712_2.jpg

こんな感じで猫パンチをされるので、止めときましょう。

まとめ


飼い猫が何を伝えようとしているのか理解してあげたときに、
それに応じた行動をとることで、
飼い猫さんと意思疎通ができ、もっと絆が深まるのは間違いありません。

でも、尻尾を立てて足にすり寄ってきたから、甘えたいのかなと抱っこをしても、
尻尾をブンブン振られて嫌がられたり、この通りにはいかないときもあります。

そこが猫のツンデレと言われる理由です。
飼い猫さんと意思疎通ができるように、私も日々精進しております。

我が家の飼い猫のご紹介はコチラ↓
新米猫ウメさん家族の一員に!その時先住猫ハナさんは?





関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

🐾ブログランキング🐾
にほんブログ村 猫ブログ 日本猫へ

ゆまうは

Author:ゆまうは
🐾宜しくお願いします🐾


before

after


名前:ハナさん
生年月日(2014年4月)
性格(人見知り、ビビり)
ツンデレ割合(ツン8割:デレ2割)
孤独を愛する甘え下手でクールなお嬢様

before

after

名前:ウメさん
生年月日(2016年3月)
性格(好奇心旺盛、警戒心ゼロ)
ツンデレ割合(ツン2割:デレ8割)
気になる事は徹底追及、甘ったれのお転婆

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -