記事一覧

飼い猫の粗相対策!事前に出来る掃除の軽減対策と飼育環境

DSC_0714.jpg

近年、猫の人気上昇に伴い、初めて猫を飼われる方は、
想像もしていなかった、飼い猫の粗相に悩まされる方は多いのではないでしょうか?

残念ながら、猫の粗相を改善させるには長期戦を覚悟しなければなりません。
粗相の原因を調べている間でも、猫は容赦なく粗相をしてオシッコ地獄にします。

その為、粗相の原因を早く見つけ、それに応じた対応をしていく中で並行して、
掃除もしていかなければなりません。
そんな掃除を少しでも軽減できるように、色々工夫して対策する必要があります。

まだ、粗相の原因がよく分からない、どんな対策があるのか知りたい方は、
コチラ↓の記事も参考にして下さい。

猫がなぜ突然粗相をするのか?治らない原因とその対策とは

そんな猫の粗相に悩まされる飼い主に、粗相をした後の猫に対する環境も含め、
粗相をされる前に被害を軽減できる対策をご紹介します。






粗相をした後の環境について


飼い猫が粗相をした後、その部屋を出入り禁止にしたり、
反省の意味でゲージに入れるのは、逆効果となるので早々にやめましょう。

猫にとって不安や不満の出る生活環境の変化は、
余計にストレスを与えるだけです。

完全出入り禁止するのではなく、飼い主が部屋でいる時くらいは、
譲歩して解放してあげましょう。

人が室内でいない状態で入りたそうにしているのなら、その時は完全に無視し、
メリハリをつけることで、飼い主がいないと入れないと覚えてもらいましょう。

たまに、しつけの意味で粗相をしたらゲージに放り込む人がいますが、
ゲージに放り込むなら、トイレに放り込む方が効果的かと私は思います。
この時、タイミングと時間が重要です。
猫は自分にとって都合の良いことは覚え、忘れる速さはピカイチです。

実行するなら、粗相の現場を現行犯か、1分以内に見つけトイレに放り込みましょう。
放り込んだ後は、すぐ忘れるので5分くらいで開放しましょう。

根気と観察に手間がかかりますが、猫の生活環境はほとんど変わらないので、
ストレスを与えず、お金もかからず効果的です。

柔らかい素材での軽減対策


おそらく、粗相される場所で一番被害が多いのが、
布団やクッションなどの柔らかい素材ではないでしょうか?

いつも一緒に寝たりしている布団、ご機嫌で寝ているクッションでも、
素材によっては猫の排尿気分を誘発しやすく、したくなくても本能的にします。

たとえ、硬い素材に変えたとしても、一度でも排尿した猫は、
尿が染み込んでいくことに、快感を覚えるクセが悪いヤツもいます。

そんな被害にあう代表的な、布団、クッション、じゅうたんに絞って対策説明します。

・布団
防水の掛け布団カバー、マットレスなどには防水シーツでカバーしましょう。
選ぶときは、自分の肌に合うもの、湿気がこもらないもの、洗いやすい物を、
どれを重視するか考えましょう。

防水する事で、キレイ好きな猫は尿が染み込まず、
自分に尿が引っかかるのを恐れて、布団ではしなくなります。
たとえされたとしても、掃除に手間がかかりません。

関連記事はコチラ↓
飼い猫の粗相には欠かせない防水シーツ!その選び方を解説!

飼い猫の粗相対策に便利な万能布団乾燥機!他にも用途は色々!

・クッション
中身が猫砂みたいなビーズクッション、柔らかく形がすぐに崩れるものは避け、
硬い物を選び最低でも立てて置ける物を選びましょう。
立てて置くだけで十分効果があり、わざわざそこでトイレをしようとは、
思わないので効果抜群です。

それでも引っぱり出して粗相をするようなら、素直に押入れに保管しましょう。

・じゅうたん
DSC_0018.jpg

布団、クッションと同様、フカフカの柔らかいじゅうたんは粗相の的になりやすいです。
素材は爪とぎが出来そうなくらい硬めの物で十分です。

オススメはタイルカーペットです。
1枚1枚貼るのに時間も値段もかかりますが、
色も自分でカスタマイズしてオシャレも出来ますし、防水性能もあり、
洗うのも1か所めくって洗うだけ、汚くなったら取り替えるのも1か所だけなので、
長い目で考えれば長期的に使用出来て衛生的です。

関連記事はコチラ↓
猫の飼い主にオススメのタイルカーペット!床の傷付け心配

硬い素材での軽減対策


硬い素材で一番被害が多いのは、壁、棚、家具、家電製品ではないでしょうか?
これらの被害の原因はオス猫のマーキング行為が一般的ですが、
メス猫でもマーキング行為はしますし、実際に私は三毛のウメさんにやられました。

それでは、それぞれの対策を見ていきましょう。

・壁
DSC_0015.jpg
通常の壁紙では尿が染み込んで匂いが付き、張り替えるのも一苦労です。
高さ1mくらいの剥がせる防水壁紙を貼る事で、軽減できます。
汚れや匂いが目立ってきたら張り替えれば良いだけです。

基本、尿を弾くので、壁際に掃除しにくい物は置かないようにしましょう。

・棚
DSC_0016.jpg

代表的な棚のカラーボックスでの対策です。
カラーボックスに扉を付ける、または購入して防水シートを貼り付けます。

最上段に登ろうとするので、上がれないように物を置くか、100均でも効果絶大の、
猫用のトゲトゲシートを上に置く。選ぶときは出来るだけ隙間が無い物を選ぶ。

粗相の掃除をなるべく簡単に出来るように、
カラーボックスの裏にコロコロ(キャスター)を4スミに取り付けます。
そうすると粗相の時だけでなく、普段の掃除もしやすいです。

・家具
DSC_0017.jpg

脚などを含めカラーボックス同様の防水対策を施します。

2次、3次被害を防ぐために、必ず上には登らせないようにします。
猫用のトゲトゲシートを上に置くのが効果絶大です。
飛び移ってもトゲトゲシートにビックリして、そのまま引っかけて落ちます。

その恐怖を刷り込んでやれば、次は登ろうとしません。

・家電製品
テレビなど、台に置く家電は、周りにトゲトゲシートを切り分けてギッシリ置きます。
そうすればその周りを歩こうとはしません。

台に置かない冷蔵庫などは登れないように、
上にトゲトゲシートを置いて2次被害を防ぎましょう。

ストーブや扇風機などの置いて使う家電は、
使用しない場合は防水カバーをかけましょう。

全ての家電に言える事ですが、一番怖いのがコンセントに排尿されることです。
感電、火災の原因にもなりますので、延長コードを利用して棚の上に置いたり、
高さ1m上くらいに壁に引っかけるように、コード自体も上にもってきましょう。

関連記事はコチラ↓
しつけに最適、猫よけシート!近寄らせたくない所で大活躍!

まとめ


人間が住みよい環境を作ろうとすると、猫には住みにくい環境になり、
ストレスを溜めることになります。
高い所に登らせないようにするなら、キャットタワーなど登らせるもの、
爪とぎさせたくないなら爪とぎシート、ソワソワしているなら新しいオモチャなど、
を導入する事により改善させることができます。

なぜ、人間がそんなに譲歩しないといけないと、思う方もいるかもしれませんが、
ペットを飼うと決意した以上、飼い主として最後まで責任を持ちましょう。

少なからず飼い猫と過ごして、癒されてきた部分もあると思います。
それを思い出して、根気強く優しく接してあげることで、改善はするはずです。

関連記事はコチラ↓
飼い猫の粗相の処理!低予算で出来る効果的な掃除方法とは





関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆまうは

Author:ゆまうは
🐾宜しくお願いします🐾

思い出を記録に残す為にハチワレ猫ハナさん、三毛猫ウメさんの日常や、猫に関する役立つ情報を発信していきます。毎年のように犬・猫の殺処分が後を絶ちませんが、ひとつの命でも多く救えるように、猫の魅力、知識、情報をお伝えできればと思います。

before

after

名前:ハナさん
生年月日(2014年4月)
性格(人見知り、ビビり)
ツンデレ割合(ツン8割:デレ2割)
甘え下手でクールなお嬢様

before

after

名前:ウメさん
生年月日(2016年3月)
性格(好奇心旺盛、警戒心ゼロ)
ツンデレ割合(ツン2割:デレ8割)
甘ったれのお転婆姫

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサードリンク