記事一覧

飼い猫に人間の食べ物は危険すぎて駄目!身体にどんな影響が?

DSC_0182.jpg

美味しそうにご飯を食べているのを、飼い猫がジッとコチラを見ていると、
可哀そうでついつい、人間の食べ物をあげたくなりますよね。

でもその人間の食べ物を与えた一口から、後々飼い主を困らせる事になります。
そして猫にとっても、人間の食べ物は影響力が大きいです。

では、人間のどんな食べ物に危険があるのか、人間の食べ物を食べる事で、
飼い猫と飼い主にどんな影響があるのかご説明します。






どんな食べ物が危険なのか


ネギ類(ニラ・玉ねぎなど)、カカオ類(チョコレート・ココアなど)、
ブドウ類(ドライフルーツ含む)、ニンニク(粉・オイル含む)、
貝類(アワビ・サザエなど)、甲殻類(エビ・カニなど)、
頭足類
(イカ・タコなどスルメも含む)、アルコール(イーストパン含む)、
ナッツ類(アーモンド・ピーナッツなど)、柑橘類(ミカン・レモンなど)、
代表的な物を例に挙げましたが、少量でも危険な物や、
多量摂取した場合は危険な食品も含みます。

上記の食べ物だけでなく、猫にとって危険な食べ物はたくさんありますし、
味付けもしていない生の刺身でも与えすぎは注意が必要です。

飼い猫の体への影響


人間の食べ物を与える事により、当然栄養がかたよるので、
病気になったり、急性の症状で亡くなったりします。

そもそも人間と猫は必要な栄養素の割合も違いますし、
内蔵の大きさも形も働きも、人間とは違うので消化能力も大きく違います。


人間にとって消化出来る食べ物でも、
猫はその食べ物を消化する機能がない事もあります。
消化する機能がないということは、下痢や嘔吐で苦しむという事です。

たとえ消化できるくらいの量で、食べ物を与えたとしても、
猫にとっては栄養素の偏った食事になるので、継続的に与えると危険です。

飼い猫の行動への影響


人間の食べ物を与える事で、
猫にどういった行動の変化が出てくるのかご説明します。

飼い主の食事中に人間の食べ物を一口でも与え、
人間の食べ物に美味しさを覚えた猫は、また食事中に貰いに来ます。
たとえ人間が食事中に、キャットフードを与えようとしても、
もうそんな食べ物に興味はありません。
そんな情熱に負けて、毎食人間の食べ物を与えると必ず病気になります。

人間の食べ物が猫にとって、食べすぎは体に悪いと思う方なら、
今度は与えようとはしません。
猫にとっては、『何で今日はくれないんだよ~』と激ストレスです。
飼い主が『こればかりは栄養かたよるからダメ』と言っても、そんな言葉は通じませんし、
ご飯に出された総合栄養食ともいえるキャットフードも、ご機嫌斜めで食べなくなります。

しばらく人間の食べ物をを与えないで、キャットフードを食べてくれていたとしても、
人間の食べ物を一度でも覚えた猫は、食事中、食事の準備中、
食後の休憩中、台所周辺の食材管理場所といったあらゆる所で、
物色したり、人間の食べ物を隙があれば狙ってきます。

人間の食べ物を与える事で、その美味しさを覚えた猫は、
美食家になり、ワガママになり、こういった問題行動を起こす恐れがあります。


飼い主への影響


人間の食べ物を覚え、問題行動を起こせば、
飼い主にどんな影響の恐れがあるのか、例を挙げてみます。

・ご飯をテーブルに並べ、しばらく目を離した隙に飼い猫がガツガツ食べている
・朝起きて台所に行くと、ゴミ箱をひっくり返されていて生ごみが散乱
・食事中に机の上に頻繁に登ってくるようになる
・総合栄養食のキャットフードをあまり食べてくれないようになる
・病気になり医療費が高くなり、今後のしつけや介護にも苦労する
・人間の食べ物を与え続けてしまい、それが原因で飼い猫が亡くなった時に後悔する

思いつく限りの例を挙げましたが、まだまだ影響しそうな事はあると思います。
人間の食べ物を与え続けても、
与えるのを途中で止めたとしてもどちらにも影響はありそうです。
簡単な構図で説明すると、

人間の食べ物を与える→猫喜ぶ→与え続ける→病気のリスク高まる
人間の食べ物を与える→猫喜ぶ→与えないようにする→お互いストレスが溜まる


そう考えると人間の食べ物を与えて、
飼い主にメリットがあるのは、飼い猫の喜ぶところを見られるだけという事です。
これを人間界のよくあるトラブルで例えると、

お金を貸す→相手喜ぶ→貸し続ける→返済してくれないリスクが高まる
お金を貸す→相手喜ぶ→貸さないようにする→お互いストレスが溜まる


喜ばれるのはその時だけで、続けても、止めても良い気分がしないのは同じです。

飼い主が出来る対策


人間の食べ物を与えないという方でも、勝手に食べられた経験はありませんか?
残念ながら私もその一人です。
お弁当を温め、熱いので上蓋を開けて、しばらく冷ましてテレビを見ていて、
そしてトイレに行き戻って来た時には、あの塩分たっぷりの焼鮭を、
ガツガツと三毛のウメさんに食われてしまいました。

それまで、人間の食べ物は与えなかったのですが、
これを機に食卓に料理が並ぶと、机の上に上がろうとします。
しつけとして水鉄砲で水をかけても、一時的な効果しかありませんでした。

そして私がこのしつこいウメさんの為に対策した事が、

・食事の準備中や食事中は目を離さない
・食後は食器を速やかに洗い、シンク周りも食べ物が落ちていないかチェック
・人間の食べ物を猫に狙われないように、冷蔵庫や戸棚で食材を管理する
・人間の食事中には、飼い猫にも大好物のキャットフードを出す
・ゴミ箱の上は登れないように、生ごみの散乱を防ぐ工夫する

これだけの対策をするだけで、ほぼ改善できましたが、
それでも人間が食べる物には、今でも興味を持ち続けているのが現状です。

この中で一番効果があったのは、
人間の食事中に大好物のキャットフードを出す事です。
私はドライフードとウェットフードを使い分け、朝・昼は総合栄養食のドライフードで、
大好物のウェットフードは夜に出しています。
『これが今夜のアンタのご飯です』というのを続ければ効果はあると思います。

まとめ


人間の食べ物でも、猫にとって重要な栄養素が含まれている食品もあります。
それでも与えすぎは体に毒です。

猫の健康を考えて作られているのがキャットフードなのですから、
飽きずに食べてくれるように、キャットフードを工夫して喜んでもらえばいいだけです。

人間の食べ物も与えて、猫の体や行動も徹底して管理がしたいし出来る、
と思う飼い主ならそれが一番良いと思います。

ですが何も考えないで人間の食べ物を与えているなら、
すぐに与えるのを止めるか、与える量を減らさないと、
飼い猫の寿命を縮める事になるでしょう。



関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆまうは

Author:ゆまうは
🐾宜しくお願いします🐾

思い出を記録に残す為にハチワレ猫ハナさん、三毛猫ウメさんの日常や、猫に関する役立つ情報を発信していきます。毎年のように犬・猫の殺処分が後を絶ちませんが、ひとつの命でも多く救えるように、猫の魅力、知識、情報をお伝えできればと思います。

before

after

名前:ハナさん
生年月日(2014年4月)
性格(人見知り、ビビり)
ツンデレ割合(ツン8割:デレ2割)
甘え下手でクールなお嬢様

before

after

名前:ウメさん
生年月日(2016年3月)
性格(好奇心旺盛、警戒心ゼロ)
ツンデレ割合(ツン2割:デレ8割)
甘ったれのお転婆姫

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサードリンク