記事一覧

猫の爪切り用品の選び方、でも爪切りって本当に必要なの?

1525596672811_1.jpg

猫の爪のケアには、爪切り用品は欠かせません。
『でも爪とぎしているから、爪切りしなくても大丈夫じゃないの?』
と思う方もいるかもしれませんが、爪とぎと爪切りには違いがあり別問題です。

そこで爪切りについての必要性をご説明し、
爪切りの種類ごとに、管理人がオススメの爪切り用品をご紹介します。






爪とぎの役割


まず、爪とぎをする事で、飼い猫にどのような効果があるのかをご説明します。
爪切りの必要性を理解するには、爪とぎの役割を理解する事が重要です。

猫の爪は薄い層が重なってできていますが、
爪とぎをする事で、爪の一番上の古い爪を剥がす事ができ、
新しい下の層の爪に変える事で、爪の先端は鋭く尖った爪に変わります。

この新しく鋭くなった爪に変える事で、
爪をひっかけて木登りをしやすくしたり、
爪でマーキングをする時に、傷跡を残しやすいようにしたり、
ケンカの時に相手を攻撃する時には大いに役立ちます。

しかし、こういった行動は室内で猫を飼っている場合、どれも必要ではなく、
壁、家具、じゅうたん等を傷付けたり、飼い主を傷付けたりする恐れがあります。
でも爪とぎとは猫の本能ともいえる行動なので、止めさせることは困難であり、
無理やり止めさせようとしても、飼い猫にストレスを与えるだけです。

この爪とぎによる被害を抑えるには、
キャットタワーや爪とぎ用の段ボールを導入する事で、被害を緩和させる事が出来ます。

関連記事はコチラ↓
BIGサイズのキャットタワー!場所を取らず安定感抜群!

爪切りの必要性


上記の説明通り、爪とぎの被害を緩和させる為の爪とぎ用品を備えており、
そこで爪とぎをする事で、爪も切らずに新しい爪に生え変わり続けるなら、
爪切りなんて必要ないと思うかもしれません。

ですが、それが大きな間違いであり、
飼い猫や飼い主に重大な被害を与える恐れがあります。
では、爪切りをしないで放置すると、
飼い猫や飼い主にどのような事態が起こるのかご説明します。

ご家族や他人を傷つけてしまう
先端の鋭い爪のせいで、飼い主や他人にも傷つける可能性があり、
引っかかれた事で感染症を引き起こす人もおり、重症化して亡くなった方もいます。

その為、動物病院では、診察前に爪切りが行われていない場合は、
爪を切ってから診察をする病院がほとんどです。
それだけ危険な事である事は、獣医師の先生方がよく理解しています。

爪が折れやすい
カーテン、衣類、じゅうたん等の繊維は、
猫の爪が鋭ければ鋭いほど素材に食い込みやすくなります。

カーテン等に爪を引っかけて登ろうとした場合、
落ちないように爪を立てて食い込ませますが、登ろうとして爪が引っかかってパニックになり、
無理に降りようとして全体重が爪にかかり、根元から爪が抜ける恐れがあります。

縦に登る時にもケガの恐れがありますが、じゅうたん等でもケガの恐れがあります。
爪が鋭い場合は、じゅうたんに引っかかりすぎて、
抜けずにパニックになり無理に取ろうとして、爪が折れる恐れがあります。

巻き爪になりやすい
うちの猫は大人しいから、爪とぎもあまりしないし、
人を傷つける事もしないから大丈夫。
なんて思っている方もいるかもしれませんが、それはそれで問題です。

たとえ室内飼いの猫で、普段活発に動いている猫でも、
運動量や、爪とぎの回数は外で暮らしている猫には到底及びません。
爪とぎが不十分であれば、爪の層は剥がれる事無くそのまま伸び続け、
最終的には肉球を傷付けるくらいまで爪が伸びる恐れがあります。

爪が硬くなる
爪が伸びて巻き爪になる事以外に、
爪の層が何層にも積み重なっているので、爪が硬くなり割れやすくなります。

上記の巻き爪同様、あまり爪とぎをしない猫や、老猫に見られ、
爪の層が剥がれないという事は、その爪を使い続けているという事なので、
垢が溜まりやすく衛生的に良い状態ではありません。

治療の必要がある
巻き爪で肉球を傷付けた場合や、爪が折れた場合は、出血している可能性があります。

猫でも他の動物でもそうですが、自身が弱っている場合は敵に狙われないように、
身を隠したり、何事もないように装い弱みを見せようとしないので、
飼い主がケガに気付くのが遅い場合があります。

執拗に手足を舐めているのに気付き、初めて肉球や爪のケガに気付いた時には、
血が止まっている可能性がありますが、傷口から細菌が入り化膿する場合があるので、
重症化しないように気付いたら放置せず、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。

応急処置をする時は、清潔なコットンやガーゼで幹部を巻いて止血をし、
それ以上傷口を舐めさせないようにしましょう。
飼い主が出来る事はここまでです。

くれぐれも人間用の消毒液等は使わないようにしましょう。
ただでさえケガをしているのに、さらに中毒症状を起こす可能性があります。

爪切りを嫌がる
今まで爪切りをせず、上記のようなケガを経験した後で、
飼い主が爪切りをするようにしても、
猫にとっては爪によるケガで嫌な思いでしかないので、
爪切りをしようと思っても嫌がり触らせようとしてくれません。

たとえ、飼い猫がケガを経験していなくても、成猫に成長した状態では、
爪切りもそうですが、しつけをするという意味では遅すぎます。


子猫の時から爪切りに慣れさせていると、爪切りは怖くないと学習してくれる為、
成猫になっても大人しく爪を切らしてくれる傾向があります。

爪切り用品の選び方&オススメの爪切り


猫用の爪切りも種類があり、扱い方もそれぞれ違います。
扱いにくい爪切りを選ぶと、深爪したり、爪が割れたりする恐れがあり、
爪切りを嫌がるようになったりします。

猫用の爪切りを選ぶ上で、爪の飛び散りなんて気にしてはいけません。
一番は飼い猫に、
爪が切れる音や、爪を切る時の衝撃を緩和させるくらいの切れ味のある製品、
素早く爪切りをする事が出来る扱いやすい製品を選ぶ必要があります。


そんな爪切りを種類ごとに説明し、
その中でも私がオススメする製品をご紹介します。

ハサミタイプ:主に子猫、若い猫用
普段我々が使用しているハサミと同じタイプで、刃を交差させて猫の爪を切ります。
爪切り初心者にとっては、爪が見やすいし刃に当てやすく、
使い慣れているので扱いやすく、安価に購入する事が出来ます。

しかし、飼い猫の爪に厚みがある場合は、このハサミで切ると均等に力が加わらず、
爪が割れてしまう可能性があります。

私がオススメするハサミタイプの爪切りが、
ドギーマン ナチュラルスタイル 猫用爪切り



安価で購入する事ができ、扱いやすさに加え、
子猫の爪程度では切れ味も悪くありません。

子猫のうちから爪切りをするのであれば、初心者の方なら、
小型のハサミの方が爪切りをしやすいので、
成猫になるまでは、ハサミタイプの爪切りを導入する事をお勧めします。

ギロチンタイプ:猫全般に使える一般的なタイプ
丸い刃の切り口に猫の爪を入れて、グリップを握って切るタイプです。
私もこのギロチンタイプを使用していますが、切る時も均等に力が加わり、
よほど大きく分厚い爪でない限りは、 爪が割れることなくスムーズ切る事が出来ます。

猫の成長に合わせ、ハサミタイプからギロチンタイプへ変更した場合は、
慣れないと扱いづらいですが、 使用していく内に慣れてきて、
ハサミタイプより素早く爪を切る事が出来ます。

私がオススメするギロチンタイプの爪切りが、
廣田工具製作所 ペット用つめ切り ネイルトリマー ZAN ギロチンタイプ



ギロチンタイプを何本か試しましたが、
コチラの廣田工具製作所のZANは切れ味が抜群です。

切れ味が良すぎて爪を切る時に、『パチン』とする音を最小限に抑え、
衝撃も緩和してくれるので、うちのハナさんみたいな神経質な猫や、
爪切りを嫌がり暴れる猫でも、グッスリ寝ている時に爪切りをすれば、
気付かずにそのまま寝ている時もあります。

ギロチンタイプで切れ味を追求するなら、ZANをオススメします。

ニッパータイプ:扱いやすく切れ味抜群
ギロチンタイプでうまく爪切りできない方は、ニッパータイプがオススメです。
普段使用しているニッパーと同じ造りで扱いやすく、切れ味も鋭いので、
先端が細い小回りの利くニッパーなら、
大きな分厚い爪や巻き爪も奇麗に切ることが出来ます。

しかし、切れ味が鋭く、角度を間違えやすいので、深爪してしまう恐れがあります。
ギロチンタイプでは対応できないくらい、
大型の猫や老猫で飼い猫の爪が分厚いなら、ニッパータイプをオススメします。

私がオススメするニッパータイプの爪切りが、
アイメディア ニッパー式爪切りソフトグリップ



全長12.5cmと扱いやすく、グリップも滑り止め効果を高めた素材を使用しているので、
握る時に滑って飼い猫の爪を切り過ぎる心配もありません。
バネの耐久性も、20000回使用できるという実験結果がでている、
圧延したステンレス板を使用している国内製品です。

先端も尖っているので巻き爪や、細かい部分も爪切りがしやすく、
1度に切らないで少しずつ爪を切っていく事も可能です。

まとめ


爪切りの必要性をご説明しましたが、爪切りが嫌いな猫もたくさんいます。

たとえ子猫時代から爪切りをしていたとしても、
大人しく爪を切らしてくれるわけではありません。

三毛のウメさんは、大人しく爪を切らしてくれますが、ブラッシングは嫌いな方で、
八割れのハナさんは、ブラシを見せれば喜んで来るのですが、
爪を切ろうとすれば体をネジって逃げようとします。

このように猫には個体差があるので、
爪切りを嫌がる猫ならグッスリ寝ている所を見計らって、
衝撃を与えず、音も出にくい、切れ味の良い爪切りを使用しましょう。
少しずつ慣れて行けば、起きている時でも素直に切らしてくれるかもしれません。

うちのハナさんは、まだその領域に達しておりませんが、一緒に頑張りましょう。





関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

🐾ブログランキング🐾
にほんブログ村 猫ブログ 日本猫へ

ゆまうは

Author:ゆまうは
🐾宜しくお願いします🐾


before

after


名前:ハナさん
生年月日(2014年4月)
性格(人見知り、ビビり)
ツンデレ割合(ツン8割:デレ2割)
孤独を愛する甘え下手でクールなお嬢様

before

after

名前:ウメさん
生年月日(2016年3月)
性格(好奇心旺盛、警戒心ゼロ)
ツンデレ割合(ツン2割:デレ8割)
気になる事は徹底追及、甘ったれのお転婆

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -