記事一覧

飼い猫のキャリーバッグの選び方!タイプ別に違いをご紹介♪

1527552070824_1.jpg

猫だけでなくペットを飼うなら、キャリーバッグは必須アイテムで、最低でも一つ、
出来れば飼い猫一匹に対して、一つは持って置きたいくらい重宝するアイテムです。

キャリーバッグにも色々種類があり、ペットを連れだすという用途は同じですが、
それぞれ特徴があり、メリット・デメリットがあります。

飼い猫の特性に合わせるのは勿論ですが、飼い主の特性に合わす事も必要で、
移動距離や、状況下での使用用途によっても、
選ぶキャリーバッグを見極めなければなりません。

そこで、本当にキャリーバッグは必要なのか、
キャリーバッグにはどんな違いがあるのかをタイプ別にご説明し、
オススメのキャリーバッグも合わせてご紹介します。






キャリーバッグの必要性


引っ越しや病院などのお出かけの際に、
飼い猫を外に連れ出す時に重宝されますが、
もしもの災害時など、パニックになっている飼い猫を、
安全に速やかに連れ出し守り抜く為にも必要な物です。

『いざとなったら適当なバッグを用いて連れ出せばいい』
なんて考えていると、飼い猫を危険にさらす恐れがあります。

そもそも、ペット用として作られていないバッグは、耐久性も弱く、
逃げ出さないように密閉しては呼吸困難、呼吸できるように隙間を空けていたら逃走、
などといった恐れがあります。

東日本大震災などで多くのペットが犠牲になりましたが、
このような大災害の時は、自動車を使って非難する事も難しい状況になります。

ペットの飼い主なら一度は目を通しておきたい災害時マニュアル
出展:環境省自然環境局より↓
災害時におけるペットの救護対策ガイドライン 一般飼い主編(抜粋版)

プラスチックタイプ


メリット
プラスチックタイプのキャリーバッグは、
耐久性が強い事に加え、底も平らなので地に足が付き、
飼い猫に適正なサイズを選ぶ事で、安定した空間も与える事ができ、
外出嫌いの猫も比較的安心してくれます。

また、分解できる製品が多く、
部分的に外して細かい所も掃除もしやすいのが特徴です。

移動時もプラスチックタイプのようなハードタイプを選ぶ事で、
自動車で飼い猫を連れ出す場合は、
座席のシートベルトで固定する事ができ、安心して運転に集中する事が出来ます。

デメリット
頑丈に作られているという事は、重さがあるという事、
空間が広いという事は、ぶつけやすいという事、
がデメリットとして挙げられます。

徒歩で長距離を移動するには、女性には重労働で危険かもしれませんが、
自動車での移動が多い方にはオススメです。

オススメの製品
リッチェル キャンピングキャリー ダブルドア S



ご紹介する製品はSサイズですが、
飼い猫の個体差に合わせMサイズを選ぶ事が出来ます。

・Sサイズ:本体サイズ (幅X奥行X高さ) 31.5×47×28.5cm
体重量:1800g 耐荷重5kg
・Mサイズ:本体サイズ (幅X奥行X高さ) 36.5×57×36.5cm
本体重量:2400g 耐荷重8kg

シートベルト固定機能付きで、引っかけ部にかける事で、
簡単に座席に固定する事ができ、左右どちらからでも開閉出来るので設置も簡単です。

ワンタッチで扉の取り外しが簡単に出来ますが、
扉にしっかりとロック出来るので万が一の脱走の心配もなく、
上にも扉が付いているので、左右からペットを中に入れにくい場合は、
足から入れる事で楽にペットの出し入れが可能です。

頑丈な分、重いのが難点ですが、別売りのショルダーベルトを使用すれば、
ハンドル部分を持たなくても、肩にかける事で飼い主の負担を軽減する事が出来ます。

ラタンタイプ


メリット
プラスチックタイプと同様の頑丈さや用途に加え、通気性は抜群です。

通気性が良いという事は、飼い猫にとって過ごしやすく、
寝床として普段から利用していれば、
外出する時も恐れる事なくスンナリと入ってくれます。

常に飼い猫の寝床として部屋に置いておいても、
ラタンのような自然な素材は、部屋のインテリアとしてオシャレです。

デメリット
基本的にラタンは手作りなので、他製品のキャリーバッグに比べると値段は高めです。

大きくぶつけやすいのは勿論ですが、
外出した途端に豹変して暴れる猫なら、いくら頑丈なラタンでも、
噛んだり爪で引っかいたりする頻度が多いと破損します。

そのような場合は、前面の大きい編み目部分を布で見えないように隠す事で、
興奮が冷めて大人しくなる事もあります。

また、通気性と快適な空間を維持するには、掃除をしなければなりません。
プラスチックのように丸洗いは難しく、濡れたフキンでホコリ等を除去して、
太陽の光に当てて、しっかり乾燥させなければなりません。

それでも移動時に、通気性のある広々とした空間を飼い猫に提供させたい場合は、
ラタンタイプをオススメします。

オススメの製品
ペットキャリー 猫用 犬用 うさぎ用 【かごのお店ラッセル】



コチラの製品も飼い猫の個体に合わせてサイズを選ぶ事が出来ます。
多頭飼いの方なら大きいサイズを選べば、
2匹まとめて中に入れて外出する事も可能です。

型番1010:サイズ:約横40×縦25×高さ31.5cm  耐荷重:8kg
型番1011:サイズ:約横45×縦33×高さ38.0cm  耐荷重:10kg
※手作りなので大きさには多少の誤差が生じます。

ラタンを選ぶなら、前面の網目の大きい部分が底下まである製品ではなく、
前面下の部分だけ細く編み込んでいる段差のある製品の方が、
飼い猫が底で手を挟む事故が起きないのでオススメです。

寝床としても利用するなら、通気性抜群のラタンは一番オススメで、
常に出入りできるようにオープンしておいて、
夏はヒンヤリシート、冬は毛布を入れてやれば、気に入ってくれやすいです。

バッグタイプ


メリット
ほとんど折り畳みが出来る製品が多いので、
収納に困らず本体も軽いので持ち運びしやすく移動に苦労しません。

ほとんどの製品がコンパクトに設計されているので、障害物に当てる恐れもなく、
片手で持って、もう片方の手で支え、抱きこむように持てるので、
楽に中の飼い猫の様子をのぞき込む事が出来ます。

デメリット
バッグを落としたり、ぶつけたりした場合は、
中の飼い猫に強い衝撃が伝わります。

また、バッグなので形が安定していない分、窮屈で寝床としては適しておらず、
外出時に使用することしかしないので、
車の中や病院に連れていかれ嫌な思い出がある場合は、
次回外出する場合は、バッグを見ただけで逃げる確率が高まります。

しかし、徒歩での移動時の利便性を考えれば、
軽量化のメリットは大きく、車で移動しない方にオススメします。

オススメの製品
アイリスオーヤマ 折りたたみソフトキャリー Sサイズ



コチラの製品も飼い猫の個体に合わせてサイズを選ぶ事が出来ます。

Sサイズ:本体サイズ (幅X奥行X高さ) :25×41.5×28.5cm
本体重量1100g 耐荷重5kg
Mサイズ:本体サイズ (幅X奥行X高さ) :29×52.0×32.0cm
本体重量1450g 耐荷重8kg

折り畳み式で組み立ても収納も簡単で、ショルダーベルトも付属しているので、
トートバッグとショルダーバッグの使い分けをする事が出来ます。

また、左右と上にはメッシュ素材が使用されているので、通気性も抜群で、
ペットに優しいふわふわのマットも付属しています。

リュックタイプ


メリット
バッグタイプと耐久、軽量、折り畳みが可能、といった特徴は、
あまり変わりませんが腰と両肩で支えるので、
徒歩での長距離はリュックタイプの方が疲れにくくオススメです。

多少歩きにくく注意が散漫になりますが、
前にリュックを掛けて猫の様子を伺いながら歩く事も可能です。

デメリット
バッグタイプと同じく落としたり、ぶつけたりした場合は、
中の飼い猫に強い衝撃が伝わります。

リュックタイプも寝床として使用する事は適切ではないので、
外出が苦手な猫は、リュックを見た瞬間逃げる可能性があります。

しかし、そんなデメリットを吹き飛ばすくらい、
徒歩での移動に特化しており、肩に掛ける事で両手も使えるので、
バックタイプよりさらに長距離での徒歩に向いています。

オススメの製品
WINSUN 犬 猫用ペットキャリー リュック



本体サイズ (幅X奥行X高さ) :28×32×43cm
本体重量1100g 耐荷重7kg

左右と上がメッシュ素材で通気性も良く、側面も型崩れしにくく作られており、
さらにリュックの底には専用の底板が入っているので、
空間をしっかり確保する事が出来ます。

肩掛け部分も飼い主の負担を軽減できるように、強ストレッチ発砲が入っており、
快適性、安定性、通気性も考えて作られています。

肩紐の長さが自由に調整できるので、後ろに掛けても前に掛けても、
体にフィットしやすい製品です。

まとめ


たとえキャリーバッグを寝床にして慣れていたとしても、
ビビりで神経質な猫、またはうちのハチワレ猫ハナさんみたいに、
外出するだけで悲しそうな声を出して鳴くので、
決してキャリーバッグそのものが飼い猫に、安心感を出してくれるわけではありません。

ですが、普段からキャリーバッグに出入りさせる事で、慣れてくれるのは確かなので、
外出すればパニックになりますが、外出前は抵抗もせず入ってくれるので、
すんなりと外出する事は出来ます。

無神経な図太い性格をしている猫、または、三毛猫ウメさんみたいな猫なら、
寝床で慣らす必要もないので、いきなりバッグに入れて連れて行きますけどね。

1527552445445_1.jpg

キャリーバッグを選ぶ時、まずは飼い猫の特性に合わせてタイプを選び、
そのタイプの中から飼い主が使いやすい、
または好みのデザインを選ぶ事をオススメします。





スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆまうは

Author:ゆまうは
🐾宜しくお願いします🐾

思い出を記録に残す為にハチワレ猫ハナさん、三毛猫ウメさんの日常や、猫に関する役立つ情報を発信していきます。毎年のように犬・猫の殺処分が後を絶ちませんが、ひとつの命でも多く救えるように、猫の魅力、知識、情報をお伝えできればと思います。

before

after

名前:ハナさん
生年月日(2014年4月)
性格(人見知り、ビビり)
ツンデレ割合(ツン8割:デレ2割)
甘え下手でクールなお嬢様

before

after

名前:ウメさん
生年月日(2016年3月)
性格(好奇心旺盛、警戒心ゼロ)
ツンデレ割合(ツン2割:デレ8割)
甘ったれのお転婆姫

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -